山が町をのみこんだ

  • 最も被害が大きかった八木地区。通行困難な場所もあちこちに(20日午後、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也

    最も被害が大きかった八木地区。通行困難な場所もあちこちに(20日午後、安佐南区八木)
    撮影/写真部・東川哲也

  • 未明に襲った豪雨が、一気に山(写真手前)を崩し、土砂と岩がふもとの家々を押し流した。被害の全体像がつかめず、日を追って行方不明者が増えた(20日午前、安佐南区上空から)撮影/森井英二郎(朝日新聞社)

    未明に襲った豪雨が、一気に山(写真手前)を崩し、土砂と岩がふもとの家々を押し流した。被害の全体像がつかめず、日を追って行方不明者が増えた(20日午前、安佐南区上空から)
    撮影/森井英二郎(朝日新聞社)

  • 梅林駅から徒歩4分ほどの場所にある光廣神社の入り口。流されてきた家屋や土砂で埋めつくされていた(21日午前、安佐南区八木)撮影/写真部・松永卓也

    梅林駅から徒歩4分ほどの場所にある光廣神社の入り口。流されてきた家屋や土砂で埋めつくされていた(21日午前、安佐南区八木)
    撮影/写真部・松永卓也

  • 床上・床下浸水は170戸にのぼり、全壊した家も。全壊の場合、県は1世帯につき最高300万円の給付を決定(21日午後、安佐南区緑井)撮影/写真部・松永卓也

    床上・床下浸水は170戸にのぼり、全壊した家も。全壊の場合、県は1世帯につき最高300万円の給付を決定(21日午後、安佐南区緑井)
    撮影/写真部・松永卓也

  • 20日未明には3時間で平年の8月の月間雨量を上回ったところも。翌日、道路はまるで川のような状態に(20日夕方、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也

    20日未明には3時間で平年の8月の月間雨量を上回ったところも。翌日、道路はまるで川のような状態に(20日夕方、安佐南区八木)
    撮影/写真部・東川哲也

  • 給水管の破損で、一時は1066世帯が断水に。水道水が出ても、濁っていることが多かったという(21日午前、安佐南区八木)撮影/写真部・松永卓也

    給水管の破損で、一時は1066世帯が断水に。水道水が出ても、濁っていることが多かったという(21日午前、安佐南区八木)
    撮影/写真部・松永卓也

  • 猫をケージに入れ避難所へ向かう人も。21日夕方の時点で、安佐南区と安佐北区では、887人が避難していた(20日、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也

    猫をケージに入れ避難所へ向かう人も。21日夕方の時点で、安佐南区と安佐北区では、887人が避難していた(20日、安佐南区八木)
    撮影/写真部・東川哲也

  • 高校3年生が行方不明になった現場では、自衛隊が捜索活動を続けていたが、22日、死亡が確認された(20日午後4時、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也

    高校3年生が行方不明になった現場では、自衛隊が捜索活動を続けていたが、22日、死亡が確認された(20日午後4時、安佐南区八木)
    撮影/写真部・東川哲也

  • 避難所になっている梅林小学校体育館で。翌日も新たに避難してくる人が増え、22日昼には500人近くに(20日夜、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也

    避難所になっている梅林小学校体育館で。翌日も新たに避難してくる人が増え、22日昼には500人近くに(20日夜、安佐南区八木)
    撮影/写真部・東川哲也

  • 消防や警察、自衛隊の救出作業は夜を徹して行われた(20日夜、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也

    消防や警察、自衛隊の救出作業は夜を徹して行われた(20日夜、安佐南区八木)
    撮影/写真部・東川哲也

  • JR可部線梅林駅近く。緑井─可部間は土砂で通行止めになり、21日も復旧作業が続いていた(21日夕方、安佐南区八木)撮影/写真部・松永卓也

    JR可部線梅林駅近く。緑井─可部間は土砂で通行止めになり、21日も復旧作業が続いていた(21日夕方、安佐南区八木)
    撮影/写真部・松永卓也

  • 関連記事

    • 広島土石流「ああ、ダメじゃけん……」 山が町をのみこんだ

      広島土石流「ああ、ダメじゃけん……」 山が町をのみこんだ

    • 広島豪雨 的中した「15年前の警告」

      広島豪雨 的中した「15年前の警告」

    • 【写真特集】両陛下、笑顔の即位パレード

      【写真特集】両陛下、笑顔の即位パレード

    写真の記事を読む
最も被害が大きかった八木地区。通行困難な場所もあちこちに(20日午後、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也
未明に襲った豪雨が、一気に山(写真手前)を崩し、土砂と岩がふもとの家々を押し流した。被害の全体像がつかめず、日を追って行方不明者が増えた(20日午前、安佐南区上空から)撮影/森井英二郎(朝日新聞社)
梅林駅から徒歩4分ほどの場所にある光廣神社の入り口。流されてきた家屋や土砂で埋めつくされていた(21日午前、安佐南区八木)撮影/写真部・松永卓也
床上・床下浸水は170戸にのぼり、全壊した家も。全壊の場合、県は1世帯につき最高300万円の給付を決定(21日午後、安佐南区緑井)撮影/写真部・松永卓也
20日未明には3時間で平年の8月の月間雨量を上回ったところも。翌日、道路はまるで川のような状態に(20日夕方、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也
給水管の破損で、一時は1066世帯が断水に。水道水が出ても、濁っていることが多かったという(21日午前、安佐南区八木)撮影/写真部・松永卓也
猫をケージに入れ避難所へ向かう人も。21日夕方の時点で、安佐南区と安佐北区では、887人が避難していた(20日、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也
高校3年生が行方不明になった現場では、自衛隊が捜索活動を続けていたが、22日、死亡が確認された(20日午後4時、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也
避難所になっている梅林小学校体育館で。翌日も新たに避難してくる人が増え、22日昼には500人近くに(20日夜、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也
消防や警察、自衛隊の救出作業は夜を徹して行われた(20日夜、安佐南区八木)撮影/写真部・東川哲也
JR可部線梅林駅近く。緑井─可部間は土砂で通行止めになり、21日も復旧作業が続いていた(21日夕方、安佐南区八木)撮影/写真部・松永卓也
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 太宰、三島、芥川賞を受賞…文豪に愛された今村夏子が芥川賞受賞会見で挙げた好きな作品とは?

    太宰、三島、芥川賞を受賞…文豪に愛された今村夏子が芥川賞受賞会見で挙げた好きな作品とは?

    AERA

    7/23

    【写真特集】フードスタイリストおすすめ!「疲れに効く」食事メニュー

    【写真特集】フードスタイリストおすすめ!「疲れに効く」食事メニュー

    3/26

  • デビュー後、沈黙した芥川賞受賞作家・今村夏子に再び筆を執らせた一言とは?

    デビュー後、沈黙した芥川賞受賞作家・今村夏子に再び筆を執らせた一言とは?

    AERA

    7/23

    広島“同時多発”土砂災害 死者・不明90人「眠る町が流された」

    広島“同時多発”土砂災害 死者・不明90人「眠る町が流された」

    週刊朝日

    8/27

  • 【W杯フォトギャラリー】これぞラグビー! 激しくぶつかり合う選手たち

    【W杯フォトギャラリー】これぞラグビー! 激しくぶつかり合う選手たち

    10/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す