「嵐」の新国立競技場イベントを徹底リポート |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「嵐」の新国立競技場イベントを徹底リポート

特集は「東京オリ・パラ 科学で進化!」 ジュニアエラ2月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

 小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」2月号は1月15日(水)発売。スペシャル企画として、嵐が登場した新国立競技場のオープニングイベントを徹底リポートします。人気のSexy Zone連載には菊池風磨くんが登場。“萌え袖”写真必見です。特集は「東京オリ・パラ 科学で進化!」。いよいよ半年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックを科学の側面から解説します。

 嵐が登場したオープニングイベントは昨年12月21日に開催。まずはスタジアムの大型ビジョンにメンバーが登場し、5人がそれぞれ会場を紹介しました。その後「Love so sweet」「Happiness」などヒット曲を披露すると会場の熱気は最高潮に。最後のインタビュータイムまで詳細をリポートしています。誌面を読むだけで会場にいたような気分が味わえます。

 人気連載「Sexy ZoneのQ&Aステーション」には、菊池風磨くんが登場。「長女なのにスポーツも勉強もいまいち」という読者の悩みに「長男」の風磨くんが、親身に回答。「自分の武器の見つけ方」をやさしく教えてくれます。前号登場のマリウス葉くんからの「口座に急に100億円入っていたら?」というムチャぶりには、機転のきいた回答。“萌え袖”が決まった撮り下ろし写真もぜひチェックしてください。

 特集は、東京オリ・パラを支える科学技術をわかりやすく解説しました。新国立競技場では太陽光発電や雨水利用などのエコ技術を採用、選手村は自動運転の電気自動車で移動、競技場への入場はAIで顔認証など、大会では最新テクノロジーが使われます。選手たちのトレーニングや食事にも科学の力が。これらを知ると、新たな側面から五輪に興味がわきますよ。

 五輪の前、いまは冬のスポーツも活況。3月に世界選手権を控えるフィギュアスケートについても解説しました。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、紀平梨花選手が、世界のトップスケーターたちとどう戦うのか、専門記者がポイントをわかりやすく分析します。

ほかにも、
・中学受験2020年超直前対策 (周年編)
・サイエンスジュニアエラ 「リュウグウ」の探査を終え、「はやぶさ2」帰途へ
・ニュースが知りたい 2019年の流行から2020年を予測
・ニュースが知りたい 日韓和解の一歩
・ニュースが知りたい SNSで事件に巻き込まれないためには?
・未来のお仕事案内 小学校教員
・子ども地球ナビ モーリシャスの男の子
・歴史人物 ON STAGE 大岡忠相・遠山景元・鳥居耀蔵
・東大クイズ王に挑戦!! 謎解きクイズノック
など、多彩な企画が満載です。

【商品概要】
ジュニアエラ2月号
定価:499円(税込)
発売日:2020年1月15日
予約はコチラ


トップにもどる お知らせ一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい