渡辺満里奈さんが夫・名倉潤さんのうつに寄り添う家族の日々を「AERA」10月7日発売号で独占初告白 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

渡辺満里奈さんが夫・名倉潤さんのうつに寄り添う家族の日々を「AERA」10月7日発売号で独占初告白

アイスダンス転向を決めた高橋大輔さんの今後についても取材しています

このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤さんがうつ病を公表し、休養に入って2カ月。そばで見守る妻の渡辺満里奈さんが、AERAの独占インタビューに応じ、自分自身が名倉さんのうつにいかに寄り添い、家族がどう受け止めたのかについて告白しました。日本人の15人に1人がうつになる可能性がある、といわれる時代。渡辺さんと家族が体験したことは、明日、私と家族に起こるかもしれません。この号の巻頭特集は「うつ『予防と抜け』のロードマップ」。アイスダンスへの挑戦を発表した高橋大輔さんの記者会見も詳報しています。表紙は俳優の中川大志さんです。

 10月7日発売の10月14日号は、もはや国民病といってもいい「うつ」の、予防と抜け方について特集しました。その巻頭で、夫のうつに寄り添うタレント・渡辺満里奈さんの独占インタビューを掲載しています。

 渡辺さんの夫・名倉潤さんは、お笑いトリオ「ネプチューン」のメンバー。2018年6月に受けた頸椎椎間板ヘルニアの手術後、「侵襲によるストレス」などによってうつ病を発症し、19年8月から休養しています。AERAは今回、渡辺さんに独占インタビュー。彼女が夫のうつについての取材に応じるのは、初めてのことです。渡辺さんが語ったのは、手術後に感じた名倉さんの異変、主治医が処方した睡眠薬でさらに心配が増したこと、自ら医師を探して夫を連れていったこと、周囲のスタッフや「ネプチューン」メンバーの理解があって安心して休養にはいることができたこと――。休養中にはできる限り「いつもの夏」を過ごし、夫婦でたくさん話をしたとも語っています。

 うつの特集では、予防するための基礎知識や、うつの状態から抜け出すための「ロードマップ」も掲載。漫画『うつヌケ』の著者・田中圭一さんは、AERAのために漫画「うつからヌケて7年」を描き下ろし、今でも気分が落ち込むときがあることや、そのトリガーが「気温差」であること、トリガーと「抜け方」がわかっているだけで、慌てずにすんでいることなどを明かしています。

 この号ではさらに、アイスダンスへの挑戦を表明した高橋大輔さんの記者会見を詳報。2022年北京五輪出場の条件をまとめました。
表紙は、NHK連続テレビ小説「なつぞら」で主人公の夫を好演し、ドラマ「G線上のあなたと私」が控える中川大志さん。撮影はもちろん、蜷川実花です。

ほかにも、
・他人の得が許せない
・内申書がついに変わる
・上野千鶴子 グレタさんを語る
・内田也哉子インタビュー
・香港現地ルポ「若者狩り」が止まらない
などの記事を掲載しています。

【概要】
AERA(アエラ) 2019年10月14日号
定価400円 
発売日:2019年10月7日

※アマゾンで予約受付中!


トップにもどる お知らせ一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい