書評『モーツァルトは「アマデウス」ではない』石井宏著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

モーツァルトは「アマデウス」ではない 石井宏著

このエントリーをはてなブックマークに追加
平山瑞穂書評#話題の新刊

 かつて大ヒットした映画の影響もあり、モーツァルトの名は「アマデウス」だと思っている人が多いが、実は本人は生前、その名を一度も名乗ったことがない。にもかかわらずこの名が流通してしまったのはなぜなのか。翻訳家でもある著者が、残されている書簡等を渉猟し、綴りなどの緻密な分析に基づいてその謎に迫っていく。

 そこから浮き上がってくるのは、幼少時から神童ともてはやされていながら、意外に不遇だったこの天才の人生だ。特に故郷のザルツブルクや同じドイツ語圏のウィーンでは冷遇されていた。忘れがたい栄光は、父レーオポルトに連れられて少年時代に旅した、当時の音楽先進国イタリアでの思い出だった。モーツァルトが「アマデウス」と名乗るわけがない理由が、そこにある。納得せずにはいられない新説。(平山瑞穂)

週刊朝日  2020年3月20日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい