フォークソングの東京 聖地巡礼 1968-1985

話題の新刊

2018/05/16 18:38

 1960年代後半からのフォーク全盛時代、東京ではミュージシャンたちが出会い、刺激しあい、名曲が生まれた。後世に語り継がれるようなライブが多く開かれた。いまその「聖地」を歩く読者が、当時の空気感を追体験できるようにガイド本に構成した。

あわせて読みたい

  • 『高校教師』主題歌含む森田童子の9作再販「やさしさで包装した青春と云う名の凶器を、いま孤独な君に送ります。」

    『高校教師』主題歌含む森田童子の9作再販「やさしさで包装した青春と云う名の凶器を、いま孤独な君に送ります。」

    Billboard JAPAN

    7/19

    “フォークの神様”岡林信康の幻のデビュー曲が“発禁”になった理由
    筆者の顔写真

    小倉エージ

    “フォークの神様”岡林信康の幻のデビュー曲が“発禁”になった理由

    週刊朝日

    9/28

  • “フォークの神様”岡林信康 世間のイメージに「迷惑なことだよね」

    “フォークの神様”岡林信康 世間のイメージに「迷惑なことだよね」

    週刊朝日

    12/8

    ときには積ん読の日々

    ときには積ん読の日々

    週刊朝日

    2/18

  • 1973年、ユーミンのデビューが衝撃的だった理由とは?

    1973年、ユーミンのデビューが衝撃的だった理由とは?

    BOOKSTAND

    4/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す