村に火をつけ、白痴になれ

ベストセラー解読

2016/04/28 11:13

 カップ麺のパロディーCMが放映中止になったと聞いて、どんよりした気分になる。まるで一億総風紀委員社会。
 栗原康の『村に火をつけ、白痴になれ』は、そんな空気に一撃を与える本だ。副題は「伊藤野枝伝」。そう、関東大震災のとき、大杉栄らとともに官憲に虐殺されたアナキストの評伝である。
 伊藤野枝は言いたいことを言い、やりたいことをやる。人を愛したらまっしぐら。何もかも捨てて飛び込んでいく。古くさい因習なんて蹴っ飛ばせ。不倫がなにさ、貞操なんて観念は女を奴隷にしておく鎖でしかない。好きな人とセックスして何が悪い。野枝は国家とも堂々と渡り合う。顔を上げて、胸を張って。
 当然、世間の非難を浴びる。でも野枝はへいちゃら。それどころか、非難されたら倍返しだ。ばんばん言い返す。
 他人のものは自分のもの、自分のものはみんなのもの、という生活を実践した。モノやカネなんかに執着しない。「超」がつくほど貧乏だったけれども、「どうにかなるさ」と楽観的だった。
 著者は『大杉栄伝』や『はたらかないで、たらふく食べたい』『現代暴力論』などで注目される気鋭の思想家。脱力系のユーモラスな文体で、このアナキストにしてウーマンリブの元祖の生涯をたどっていく。ときどき「いいね」「かわいそうに」など、つぶやきが混じる。
 わがままは悪いことだろうか。他人に迷惑をかけることが、そんなに非難されるべきことだろうか。迷惑なんてお互いさま。少しぐらい不愉快でも、言いたいことを言い、やりたいことをやれる社会のほうが楽しいじゃないか。

週刊朝日 2016年5月6日―13日合併号

村に火をつけ、白痴になれ

栗原康著

amazon
村に火をつけ、白痴になれ

あわせて読みたい

  • 「さらば、お金に縛られた生き方」 エッセイ『執念深い貧乏性』の魅力

    「さらば、お金に縛られた生き方」 エッセイ『執念深い貧乏性』の魅力

    週刊朝日

    6/8

    風よ あらしよ

    風よ あらしよ

    週刊朝日

    1/29

  • 死してなお踊れ 一遍上人伝

    死してなお踊れ 一遍上人伝

    週刊朝日

    3/2

    はたらかないで、たらふく食べたい

    はたらかないで、たらふく食べたい

    週刊朝日

    7/30

  • 右翼の大物・頭山満とユーミンは親戚だった?

    右翼の大物・頭山満とユーミンは親戚だった?

    AERA

    4/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す