海の本屋のはなし 海文堂書店の記憶と記録

話題の新刊

2015/08/27 11:10

 2013年9月に惜しまれながら閉店した神戸市の老舗書店「海文堂書店」。閉店までの約10年間勤務していた著者が、お客や店の仲間との思い出をつづった。著者は関西の書店業界では有名人。本屋の棚を写したドキュメンタリー写真集が東京の出版社から刊行されている。
 1914年の創業時のことや阪神・淡路大震災で被災した際のこと、閉店までの経緯などが紹介されているが、やはりお客とのやりとりが面白い。「子どもさん連れたお母さんとかが『さあ、ここでチンしてもらおう』『ピーしてもらおう』とかって言うんだけど。海文堂書店は全部手動だから、打ちながら自分で『ピー』とか言ってました(笑)」。レジ担当だった女性が振り返る。他店が電子化していく中で旧式のレジを最後まで使い続けていた。
 児童書の担当者は、店内でよく注意していた男の子から、街で見かけた際に笑いかけられたのを思い出の一つに語る。会話の多い店だったことがわかる。閉店直前の著者の日記からは、軽妙な中にも悔しさがにじみ出ている。親しまれた書店の「戦記」である。

週刊朝日 2015年9月4日号

海の本屋のはなし 海文堂書店の記憶と記録

平野義昌著

amazon
海の本屋のはなし 海文堂書店の記憶と記録

あわせて読みたい

  • 減りつつあるリアル書店  ネット書店と違った利点は?

    減りつつあるリアル書店 ネット書店と違った利点は?

    dot.

    11/24

    ジェフ・ベゾス 果てなき野望

    ジェフ・ベゾス 果てなき野望

    1/29

  • 【「本屋大賞2018」候補作紹介】『百貨の魔法』――従業員たちが老舗百貨店の大切な思い出を守る魔法のような物語

    【「本屋大賞2018」候補作紹介】『百貨の魔法』――従業員たちが老舗百貨店の大切な思い出を守る魔法のような物語

    BOOKSTAND

    4/6

    震災からわずか2週間で営業再開 ジュンク堂成功のきっかけとは?

    震災からわずか2週間で営業再開 ジュンク堂成功のきっかけとは?

    週刊朝日

    5/7

  • リブロ池袋本店は金食い虫? 元店長が閉店理由を分析

    リブロ池袋本店は金食い虫? 元店長が閉店理由を分析

    週刊朝日

    8/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す