「AV女優」の社会学

セックス

2013/08/22 16:02

 「AV女優」と呼ばれる人々を、当事者の視点に寄り添って取り上げた研究書である。1983年生まれ、AVスカウトマンのたむろする街で学生生活を過ごした著者は、これまでのアカデミズムの性産業論は当事者の現実にもとづいていないと一蹴する。業界内に潜り込み、AV女優との交流を通じて著者は「AV女優像」の形成過程を明らかにする。プロダクション面接などを通じ、女優たちは特定の女性像を演じることを学ぶ。さらにインタビューなどでの自己語りを繰り返し、そうした像は自身にも内面化されてゆく。
 しかしながら女優像を単に「つくられたもの」と片づけるのは誤りである。ある女優は「AV女優だからこれくらいのエンタテインメントしかつくれないって思われたくないから、演技でもなんでも本気でやる」と語る。自己演出はその実、AV女優たちの逞しさを形成する糧でもあるのだ。
 AV産業の構造、単体女優と企画女優の違いなど、業界の具体的な事情から出発して丹念な説明がなされている。現場からのたしかな説得力を感じる一冊だ。

週刊朝日 2013年8月30日号

「AV女優」の社会学

鈴木涼美著

amazon
「AV女優」の社会学

あわせて読みたい

  • 「AV男優」という職業

    「AV男優」という職業

    4/17

    「9割は好みじゃない」AV男優の現実

    「9割は好みじゃない」AV男優の現実

    AERA

    2/28

  • 元AV女優と地下アイドルの異色のコンビが性暴力被害者へアドバイス

    元AV女優と地下アイドルの異色のコンビが性暴力被害者へアドバイス

    週刊朝日

    8/12

    デフレ化するセックス

    デフレ化するセックス

    4/3

  • ホリエモン収監直前に「贈る言葉」

    ホリエモン収監直前に「贈る言葉」

    週刊朝日

    6/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す