りゅうちぇるが「怒りを感じた」保育所が入る吉祥寺のコロナ療養施設がひっそり開設【現地ルポ】 (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

りゅうちぇるが「怒りを感じた」保育所が入る吉祥寺のコロナ療養施設がひっそり開設【現地ルポ】

上田耕司dot.#ヘルス
タレントのりゅうちぇる(C)朝日新聞社

タレントのりゅうちぇる(C)朝日新聞社

 タレントのりゅうちぇる(25)がTBS系「サンデージャポン」(7月4日放送)で、ホテルの中に保育所があるのに、東京都がコロナ療養施設に指定したことについて、「怒りを感じた」と疑問を投げかけ、SNS上で賛否両論が沸き上がった。

【写真】りゅうちぇるのタトゥーを「覚悟がある」と語ったお笑い芸人はこちら
 
 その舞台となった東京都武蔵野市にある吉祥寺東急REIホテル―ー。東京都が全室234部屋を丸ごと借り上げ、新型コロナウイルス陽性者を受け入れる施設として7月15日、ひっそりと開設していた。記者が現地でルポした。

 りゅうちぇるは番組内で同ホテルを取材し、「陽性者の方の施設は作らなきゃいけないと思うんですけど、施設をなぜ、わざわざ保育所の入っているところに設けたのか、怒りを感じました。しっかり説明すべき」などと発言。当日に記者が訪ねると、ホテルは吉祥寺の駅から徒歩1分の場所にあった。

 ホテルの近くには不動産チェーンや進学塾、ショッピングセンターなどがあり、駅前商店街が広がっていた。ホテルの看板はそのままで、一見するとコロナ療養施設とわからない。ただし、ホテル内のエレベーターにはこんなビラが貼ってあった。

「当社は東京都と協議のうえ、2021年7月15日(木)より、吉祥寺東急REIホテルを新型コロナウイルス感染症の軽症者・無症状者の方の宿泊療養施設として提供することとしましたのでお知らせいたします」

 ホテルの建物の地下から2階にはテナントがあり、保育所やエステ、ホットヨガ、飲食店などが営業中だった。午後になると、駐車場にホテルの職員や警備員ら数名が立ち、コロナ陽性者を乗せたと思われるワンボックスカーが駐車場から入って、東京都の職員らと建物の中に消えた。都によれば、この日の入所者は15人だった。

「感染者は駐車場から入れるエレベーターを使い、上のホテルの客室まで直行で行く。他のエレべーターは全部、止められています」(ホテルのテナント店員)

 2階にある保育所に子どもを預けている30代ママが最近の様子をこう話してくれた。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい