【マンガ】親が認知症になったら必須の「実家の片付け」をプロに頼るべき最大の理由

介護

2021/07/13 11:30

 イラストレーターのあさとひわさんが、レビー小体型認知症と診断された父(当時78)を母と一緒に支える日々を描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)が話題です。

あわせて読みたい

  • 【マンガ】「娘がいつまでも独り身なんです」母さん、それソーシャルワーカーに相談することではないですよ

    【マンガ】「娘がいつまでも独り身なんです」母さん、それソーシャルワーカーに相談することではないですよ

    dot.

    7/20

    【マンガ】「それ認知症と関係なくない?」思わず娘が突っ込んだ瞬間

    【マンガ】「それ認知症と関係なくない?」思わず娘が突っ込んだ瞬間

    dot.

    6/15

  • 【マンガ】「心に嵐がある」「宇宙のなかで完全なもの」認知症になった父の表現が文学的ですごい!

    【マンガ】「心に嵐がある」「宇宙のなかで完全なもの」認知症になった父の表現が文学的ですごい!

    dot.

    6/22

    【マンガ】「父さんはバカになっちゃった。だから面倒みてね」認知症の父がかわいいと話題

    【マンガ】「父さんはバカになっちゃった。だから面倒みてね」認知症の父がかわいいと話題

    dot.

    6/8

  • シニアの「汚部屋」問題は「曜日ごと片づけ」で解決 認知症予防にも

    シニアの「汚部屋」問題は「曜日ごと片づけ」で解決 認知症予防にも

    週刊朝日

    4/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す