「自慰行為のし過ぎで死ぬの!?」中高生を翻弄するウソに、専門家がアドバイス

いまどきティーンズの性知識。産婦人科医・サッコ先生の性教育講座(1)

AERAwithKids

2023/01/08 16:00

 小・中学校、高校を中心に、年間120回を超える性教育講座をこなす、サッコ先生こと産婦人科医の高橋幸子先生。講義のあとは、「テクノブレイクがウソとわかってよかった」という男子生徒からの感想も多いそう。テクノブレイクとは、「自慰行為のし過ぎで死ぬこともある…」という、ネット上でのウワサ。誰にも言えずにおびえていたけれど、専門家の口からはっきりと「それはウソ!」と聞けて、心の底から安心した様子が伝わってくる。いまどきティーンズの性の常識。親世代も、知識のアップデートをぜひ!

あわせて読みたい

  • 親が動じない、ごまかさないことが何より大事 家庭でできる「性教育」のコツ

    親が動じない、ごまかさないことが何より大事 家庭でできる「性教育」のコツ

    AERA

    12/16

    「妊娠していなくても、中高生のうちから産婦人科に行こう」と性教育の専門家が呼びかける理由とは?

    「妊娠していなくても、中高生のうちから産婦人科に行こう」と性教育の専門家が呼びかける理由とは?

    dot.

    1/9

  • ryuchell「性教育」を語る 「被害に遭った時に『オラァッ』と言える力」が重要

    ryuchell「性教育」を語る 「被害に遭った時に『オラァッ』と言える力」が重要

    AERA

    1/26

    学校の性教育で「性交」を取り扱うハードルの高さ 障壁となる「はどめ規定」の実態

    学校の性教育で「性交」を取り扱うハードルの高さ 障壁となる「はどめ規定」の実態

    AERA

    1/25

  • 初めての生理、親がやるべきことは? 専門家に聞く「第二次性徴」の迎えかた

    初めての生理、親がやるべきことは? 専門家に聞く「第二次性徴」の迎えかた

    dot.

    11/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す