中国がこだわる“南シナ海の実効支配” 二枚看板の「キャベツ戦略」「サラミ戦略」とは?

中国

2023/01/06 07:00

 南シナ海に浮かぶ南沙諸島は、中国・台湾・ベトナム・フィリピンなどが領有を争う、地政学上のホットスポット。近年は中国の実効支配が進み、岩礁に次々と軍事拠点を作っている。2022年11月22日、米国のハリス副大統領が南シナ海にあるフィリピンのパラワン島を訪問したのも、中国に対抗して米国の存在感をアピールする狙いがある。

あわせて読みたい

  • トランプ大統領誕生で米試す中国 狙いは尖閣奪取か?

    トランプ大統領誕生で米試す中国 狙いは尖閣奪取か?

    AERA

    12/7

    中国は尖閣諸島をどうしたいのか? 地政学の視点で見れば「一目瞭然」の理由とは

    中国は尖閣諸島をどうしたいのか? 地政学の視点で見れば「一目瞭然」の理由とは

    dot.

    11/22

  • 台湾危機をめぐる米中の思惑 アメリカは日本を「防波堤」にして時間稼ぎ?

    台湾危機をめぐる米中の思惑 アメリカは日本を「防波堤」にして時間稼ぎ?

    AERA

    2/12

    南シナ海戦争に参戦…新安保法制で想定される最悪シナリオ

    南シナ海戦争に参戦…新安保法制で想定される最悪シナリオ

    週刊朝日

    6/10

  • 田原総一朗「中国が出した南シナ海『工事完了』予告の本当の意味」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「中国が出した南シナ海『工事完了』予告の本当の意味」

    週刊朝日

    6/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す