台北市長になった「蒋介石のひ孫」の実力は未知数 「ハンサムだけど中身がない」との声も

台北市長

2022/12/01 06:00

史上最年少で台北市長に当選した蒋万安氏(撮影/野嶋剛)
史上最年少で台北市長に当選した蒋万安氏(撮影/野嶋剛)

 26日に投開票があった台湾の統一地方選で、与党・民進党は大敗し、野党国民党は好調な結果を残した。蔡英文総統は民進党主席から引責辞任した。長く不調に置かれていた国民党はにわかに勢いを取り戻した感があるが、そのなかでひときわ光を放っていたのが、史上最年少で台北市長に当選した国民党の蒋万安氏(43)だ。第三勢力の台湾民衆党から台北市長のポストを取り戻し、今回の国民党の勝利の象徴となった人物だ。

【「イケメン」と評判の蒋万安氏の写真をもっと見る】

 蒋万安氏の当選が日本のメディアで盛んに取り上げられたのは理解できるのだが、キャプションで使われる「蒋介石のひ孫」という紹介は日本特有だ。台湾のメディアはほとんどそのように彼を呼ぶことはない。「蒋家第4代」というほうが台湾人にはしっくりくる。その理由はいささか複雑だ。 

 私が蒋万安氏に初めて会ったのは5~6年前、彼が立法委員(国会議員)に当選した後だったかと思う。国民党の知り合いに食事の席に呼ばれ、そこに彼がいたのだ。若さにあふれていたが、まだまだこれからの政治家という印象だった。蒋介石について、私は『蒋介石を救った帝国軍人 台湾軍事顧問団・白団の真相』(ちくま文庫)というノンフィクション作品を書いたことがある。そのことを知り合いが言うと、蒋万安氏が少しバツの悪そうな表情をしたことを覚えている。 

 蒋介石は、台湾では評価が両極端に分かれる。民衆に厳しい弾圧を行ったことから、「殺人魔王」と呼んで憎んでいる犠牲者の家族もいる。一方で、蒋介石が「中華民国」を引き連れて台湾に逃げ込んだ結果、台湾は自由主義陣営に入って経済成長を成し遂げ、共産化を免れた。全肯定も全否定も難しい存在だ。 

 また、蒋介石の息子である蒋経国は、総統の座を李登輝に引き渡す道筋を作った功績もあり、台湾社会では「蒋介石は嫌いでも蒋経国は評価する」という人もおり、なかなか難しい問題なのである。ただコンセンサスとして「蒋介石のひ孫」と呼ぶのは差し障りがあるが、「蒋家第4代」ならいいのではないかというのが、本人もその周辺も社会全体も共有している感覚なのである。

NEXT

父親の「愛人」の息子

1 2 3

あわせて読みたい

  • 姜尚中「現状維持を望む台湾人 選挙に表れた民意を尊重しバランスの取れた支援を」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「現状維持を望む台湾人 選挙に表れた民意を尊重しバランスの取れた支援を」

    AERA

    12/7

    李登輝さん「中共の行為は強盗と同じだ」と強い言葉で…戦略家の一面も

    李登輝さん「中共の行為は強盗と同じだ」と強い言葉で…戦略家の一面も

    週刊朝日

    12/21

  • 【「本屋大賞2016」候補作紹介】70年代の台湾がリアルに描写された東山彰良『流』

    【「本屋大賞2016」候補作紹介】70年代の台湾がリアルに描写された東山彰良『流』

    BOOKSTAND

    3/4

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    週刊朝日

    1/17

  • 「次の時代は来ない」 司馬遼太郎が感じた日本の緩み

    「次の時代は来ない」 司馬遼太郎が感じた日本の緩み

    週刊朝日

    12/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す