月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

ヘルス

2022/10/09 17:00

子宮内膜症は生涯の月経回数が多いことで発症リスクが高まり、閉経までの長い期間、つらい症状に悩む人が多い疾患だ。薬物療法で予防・治療ができることを知り、信頼できる専門医のもとでしっかり管理したい。

あわせて読みたい

  • 現代女性は月経が多すぎて病気や不調の原因に 医師がすすめる治療法は?

    現代女性は月経が多すぎて病気や不調の原因に 医師がすすめる治療法は?

    dot.

    3/20

    ひどい月経痛には「ピル」が効果的 専門家がすすめるピル活用法

    ひどい月経痛には「ピル」が効果的 専門家がすすめるピル活用法

    週刊朝日

    1/30

  • 「ピルを机の上に置かないで」 日本が低用量ピル後進国である3つの理由
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    「ピルを机の上に置かないで」 日本が低用量ピル後進国である3つの理由

    dot.

    7/18

    不妊症の患者の3~4割に見つかる子宮内膜症 「原因は月経血の逆流説が有力」と医師

    不妊症の患者の3~4割に見つかる子宮内膜症 「原因は月経血の逆流説が有力」と医師

    dot.

    9/26

  • 「月経痛で仕事を休む」は異常なことと専門医が指摘

    「月経痛で仕事を休む」は異常なことと専門医が指摘

    週刊朝日

    10/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す