信号無視死亡事故で同乗者も「教唆」で逮捕 タクシー運転手に「急げ!」は罪に問われないのか

危険運転致死

2022/06/17 17:00

 金沢市で起きた交通死亡事故で、車を運転していた女に「早く行け」などと信号無視をそそのかしたとして、同乗者の男が自動車運転処罰法違反(危険運転致死教唆)で逮捕された。交通事故で「教唆」を適用するケースは珍しいというが、車の同乗者が運転手に“指示”を出すことは珍しくない。例えばタクシーに乗る際、「急いで」などと運転手に言った覚えのある人もいるだろう。一昔前では「前の車を追ってください」などのフレーズも再現ドラマなどではよく耳にした。ではその運転手が乱暴な運転をして事故を起こしたら、客の行為は「教唆」になり得るのか。ちょっとした疑問を専門家に聞いてみた。

あわせて読みたい

  • 京都・亀岡暴走事故 無免許なのに「危険運転致死傷罪」が適用されない理由

    京都・亀岡暴走事故 無免許なのに「危険運転致死傷罪」が適用されない理由

    週刊朝日

    5/24

    悪質運転厳罰化に向けて新法成立 飲酒運転事故で懲役15年も

    悪質運転厳罰化に向けて新法成立 飲酒運転事故で懲役15年も

    週刊朝日

    11/27

  • 高齢ドライバーの事故倍増…「事故防止チェック」リスト

    高齢ドライバーの事故倍増…「事故防止チェック」リスト

    週刊朝日

    8/19

    自転車事故が異例の増加 電動キックボードの脅威にマナー悪化も

    自転車事故が異例の増加 電動キックボードの脅威にマナー悪化も

    週刊朝日

    5/11

  • 池袋・母子死亡事故で炎上した「上級国民」指弾の真相

    池袋・母子死亡事故で炎上した「上級国民」指弾の真相

    週刊朝日

    5/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す