「本好き」な子ども、どうやって育つ? 花まる学習会・平沼先生に聞く「4つの工夫」とは

AERAwithKids

2022/05/08 10:00

写真はイメージです(GettyImages)
写真はイメージです(GettyImages)

 親はわが子に「本が好きになってほしい」と願うもの。おうち時間の過ごし方を少し意識するだけで、読書は子どもの日常になります。本に詳しい花まる学習会・平沼純先生に、子どもが自然に本に向かうヒントを聞きました。発売中の「AERA with Kids2022春号」(朝日新聞出版)からお届けします。

【写真】トンネルのような階段本棚がある早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)

*  *  *

 テレビやマンガ、動画……豊富なコンテンツは、いまや大人にとっても必要不可欠です。「魅力的なものがたくさんあるのに、子どもにだけ読書を強いるのは不公平ですよね。大人は、ついつい読書だけを特別扱いしがちです。でも、子どもにとっても読書は楽しいコンテンツのひとつであり、選択肢のひとつと位置づけるほうがずっと建設的。気軽に楽しみましょう」と話すのは、「本通」としても有名、講師を務める「旅する読書~大人のための読書講座」が大人気のスクールFC講師、平沼純先生です。

 子どもが本を読むために、時には「読書ではなく、『別の入り口』から入ってみましょう」と平沼先生。「興味のあることや好きなことを、見に行ったり、体験したりしましょう。すると、さらに知りたくなって、自分から本を読むようになります。これは家の中でも同じ。料理をしたりテレビを見たりと、読書につながる『種』は、たくさん見つかります」

 今すぐ本に向かわなくても大丈夫。日ごろから種まきにつながるアクションを続ければ、子どもの手は自然に本に伸びるようになります。

 そのあとは、出合った本と世界が「地続き」なことも体験してみましょう。本に書かれたことは、遠く離れた出来事のように感じられるものですが、「本に関連することを、実際に体験しましょう。物語の舞台となった場所を訪れたり、イベントに参加したり。おうち時間なら、物語の世界を再現してみたり。『自分の世界と本に書かれていることは、関連があるんだ!』ということがわかると、読書ががぜんおもしろくなります。本だけで完結させるのはもったいないですよ」と平沼先生は話します。

 では、子どもが本好きになる、おすすめの4つのアクションを紹介します。

(1)居心地のいい場所を確保。好きなスタイルだから夢中になれる!

 寝そべったり、ソファでくつろいだり、階段の途中に座ってみたり……。読書スタイルは、多少お行儀が悪くても、気にしない。だんだん「今日はここで読もうかな」「あそこで読むと気持ちよさそう」などと、本を読むスタイルを子ども自身が見つけるようになります。

(2)家族それぞれの「おすすめ」をプレゼンする機会をつくる

 パパが夢中になっているシリーズや、ママが今はまっている本。親が好きな本は、子どもも知りたいものです。そこで、家族それぞれの「おすすめ」をプレゼンしあうのも楽しい。「親がいっしょに本を読むことは、なにより本好きへの近道です」

NEXT

読書につながるこんな工夫も

1 2

あわせて読みたい

  • 本を読む子どもに育ってほしければ「絶対言ってはいけない言葉」とは

    本を読む子どもに育ってほしければ「絶対言ってはいけない言葉」とは

    ダイヤモンド・オンライン

    7/5

    休校中は夏休みより「100倍すごい自由研究」を 学習塾代表の「才能の伸ばし方」

    休校中は夏休みより「100倍すごい自由研究」を 学習塾代表の「才能の伸ばし方」

    AERA

    4/16

  • いよいよ登校開始!「花まる学習会」が実践する「第2波」「第3波」にも負けない授業

    いよいよ登校開始!「花まる学習会」が実践する「第2波」「第3波」にも負けない授業

    AERA

    5/29

    夏休み宿題の定番・読書感想文で「“上手に書く”よりずっと大切なこと」を東大卒ママがズバリ!
    筆者の顔写真

    杉山奈津子

    夏休み宿題の定番・読書感想文で「“上手に書く”よりずっと大切なこと」を東大卒ママがズバリ!

    dot.

    8/15

  • 「子ども時代に読みたい本151冊」を一挙掲載/Snow Manの阿部亮平さんがおすすめする本と読書の醍醐味についてのインタビューも/「AERA with Kids 2022年春号」が3月3日発売!

    「子ども時代に読みたい本151冊」を一挙掲載/Snow Manの阿部亮平さんがおすすめする本と読書の醍醐味についてのインタビューも/「AERA with Kids 2022年春号」が3月3日発売!

    3/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す