合戦の「八陣」は諸葛亮孔明の発案? 日本流の軍学が昇華させた「勝つため」の陣形とは

歴史道

2022/01/16 08:00

 蒙古襲来、鉄砲伝来などの新しい風を受けて、合戦は一対一から集団対集団の形態に移行。雑兵・足軽を重用する戦術や陣形が練り上げられていった。その用兵の極意とはいかなるものだったのか? 週刊朝日ムック『歴史道別冊SPECIAL 戦国最強家臣団の真実』では勝つための「陣形」と「戦術」を大研究。ここでは、合戦の基本陣形「八陣」を解説する。

あわせて読みたい

  • 川中島、関ヶ原、九頭龍川…合戦すべきは「河原」か「野原」か? 野戦の2大定番スポット研究

    川中島、関ヶ原、九頭龍川…合戦すべきは「河原」か「野原」か? 野戦の2大定番スポット研究

    dot.

    1/14

    雑兵・足軽たちの陣中生活「持参品と食料のQ&A」

    雑兵・足軽たちの陣中生活「持参品と食料のQ&A」

    dot.

    8/13

  • 「真田丸」という名の飲食店が30年も人気を保つ理由

    「真田丸」という名の飲食店が30年も人気を保つ理由

    AERA

    5/22

    源義経と真田幸村 戦上手と名高い武将2人は生きざまも人気 

    源義経と真田幸村 戦上手と名高い武将2人は生きざまも人気 

    AERA

    9/9

  • “豊臣秀吉が、織田信長より優れていた点とは?”歴史に学ぶ「戦わずして勝つ」法

    “豊臣秀吉が、織田信長より優れていた点とは?”歴史に学ぶ「戦わずして勝つ」法

    ダイヤモンド・オンライン

    3/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す