新幹線乗務員のアルコール「誤検知」 過去にはバス運転手自殺の悲劇も 遺族側弁護士の思いは

2021/09/28 18:00

 JR西日本が27日朝、運転士らへの出発前検査でアルコールが検出されたとして、山陽新幹線の一部区間を運休したが、その後の調査で「誤検知」である可能性が高いことが分かった。交通機関の乗務員へのアルコール誤検知を巡っては、過去にバス会社で運転手が自殺するという悲劇も起きている。当時、遺族側の代理人を務めた弁護士は「安全のためにチェックすることはとても重要だが、今の技術では誤検知は避けられない。会社側も世の中も、誤検知があるという前提に立つ必要がある」と警鐘を鳴らす。

あわせて読みたい

  • 自殺したJR北の社長 遺書に書かれた意味深な言葉

    自殺したJR北の社長 遺書に書かれた意味深な言葉

    AERA

    10/14

    ミゲル、飲酒運転での有罪判決に「申し訳ございませんでした」

    ミゲル、飲酒運転での有罪判決に「申し訳ございませんでした」

    Billboard JAPAN

    2/25

  •  酒気帯び逮捕の山口達也容疑者 「酒断ち」続かず、また半端なく飲み出し「支離滅裂に…」

    酒気帯び逮捕の山口達也容疑者 「酒断ち」続かず、また半端なく飲み出し「支離滅裂に…」

    週刊朝日

    9/22

    ドラマで人気博した元スター歌手、飲酒運転で投獄

    ドラマで人気博した元スター歌手、飲酒運転で投獄

    Billboard JAPAN

    2/6

  • 盛り下がる「JAL」の忘年会 飲酒不祥事で社員に禁酒厳命

    盛り下がる「JAL」の忘年会 飲酒不祥事で社員に禁酒厳命

    週刊朝日

    12/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す