複雑な脳障害と向き合う俳優・柳浩太郎 事務所社長と「二人三脚」で歩む芸能界

テニスの王子様

2021/05/02 11:00

「高次脳機能障害」という脳の障害と向き合いながら活動する俳優と、ともに歩む所属事務所の社長がいる。この障害はとても複雑で、周囲に理解されづらく、当事者が孤立しがちだ。2人も最初から信頼関係を築けたわけではなかった。どんな経緯があって「二人三脚」で歩むに至ったのか。それぞれの思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 「テニミュのリョーマ」柳浩太郎が舞台復帰 高次脳機能障害乗り越える

    「テニミュのリョーマ」柳浩太郎が舞台復帰 高次脳機能障害乗り越える

    AERA

    2/28

    小室哲哉の「KEIKOは小4のドリルをやっている」は誇張だったのか 専門医の見方は?

    小室哲哉の「KEIKOは小4のドリルをやっている」は誇張だったのか 専門医の見方は?

    dot.

    3/7

  • 2月22日発売のAERA巻頭特集は「医師はもう『エリート』じゃない」

    2月22日発売のAERA巻頭特集は「医師はもう『エリート』じゃない」

    2/21

    裏社会ルポライターが訴える「高次脳機能障害」の苦悩 「人が早く歩いているのすら怖いんです」

    裏社会ルポライターが訴える「高次脳機能障害」の苦悩 「人が早く歩いているのすら怖いんです」

    dot.

    1/2

  • 小室「疲れて」と吐露 KEIKOのリハビリは漢字ドリル

    小室「疲れて」と吐露 KEIKOのリハビリは漢字ドリル

    dot.

    1/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す