今日が命日の紀伊国屋文左衛門 謎多きその人生とは

あなたの知らない神社仏閣の世界

2021/04/24 07:00

 有名人の割に詳しいことがよくわからない歴史人というのは数多いが、中でも今日4月24日(旧暦)が命日の紀伊国屋文左衛門ほど実際が不明な人も珍しい。文左衛門伝説で随一である「みかん船伝説」でさえ創作であるとする研究者もいるくらいなのだ。これは、文左衛門自身が自叙伝的なものを残すことを嫌ったためとも、当時他人のプライバーシーを侵害するような書物を禁止する触れ書きが出されていたこととも関係しているようだ。加えて、幕末に出された「黄金水大尽盃」(文左衛門を主人公に12年間も続いた長編小説)も大いに影響を与えてしまっている。のちに出版された「大日本人名辞書」にさえ、この小説による虚構が史実として引用がされているのだ。

あわせて読みたい

  • 11月8日≪鞴(ふいご)祭り≫は、鍛冶屋、刀工、鋳物師など鉄と炎の匠たちのおまつり

    11月8日≪鞴(ふいご)祭り≫は、鍛冶屋、刀工、鋳物師など鉄と炎の匠たちのおまつり

    tenki.jp

    11/8

    徳川慶喜の悲劇と寛永寺が江戸で唯一の流血の場となった最大の理由
    筆者の顔写真

    鈴子

    徳川慶喜の悲劇と寛永寺が江戸で唯一の流血の場となった最大の理由

    dot.

    1/27

  • なぜか「しびれ」ブーム! 山椒、花椒がバカ売れする理由

    なぜか「しびれ」ブーム! 山椒、花椒がバカ売れする理由

    週刊朝日

    2/9

    シーズン一番手!「極早生(ごくわせ)みかん」を楽しんでますか?

    シーズン一番手!「極早生(ごくわせ)みかん」を楽しんでますか?

    tenki.jp

    10/11

  • 横綱・稀勢の里が奉納土俵入り! 土俵の発明に隠された意外な歴史とは?
    筆者の顔写真

    鈴子

    横綱・稀勢の里が奉納土俵入り! 土俵の発明に隠された意外な歴史とは?

    dot.

    6/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す