クロちゃんが大好きな松井珠理奈にもらった「一生使うことのできない」プレゼント (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クロちゃんが大好きな松井珠理奈にもらった「一生使うことのできない」プレゼント

連載「死ぬ前に話しておきたい恋の話」

dot.#クロちゃん
クロちゃん/1976年12月10日生まれ。広島県出身。2001年4月に団長安田、HIROと「安田大サーカス」を結成。スキンヘッド、強面には似合わないソプラノボイスが特徴(撮影/写真部・小黒冴夏)

クロちゃん/1976年12月10日生まれ。広島県出身。2001年4月に団長安田、HIROと「安田大サーカス」を結成。スキンヘッド、強面には似合わないソプラノボイスが特徴(撮影/写真部・小黒冴夏)

 安田大サーカスのクロちゃんが、気になるトピックについて“真実”のみを語る連載「死ぬ前に話しておきたい恋の話」。今回のテーマは、4月11日にSKE48を卒業する「松井珠理奈」。10年以上にわたって、松井さんを「推しメン」として応援してきたクロちゃんは、卒業発表をどのように受け止めたのだろうか。ファンだからこそ語れる松井さんの意外な魅力とは? 初めて会話した時の様子やもらったプレゼントの話など、貴重な思い出も明かした。

【写真】SKE48を卒業することを発表した松井珠理奈

*  *  *
 4月11日に、珠理奈がSKE48を卒業する。

「とうとうきたか」

 卒業が発表された瞬間は、そう思った。

 2018年の世界選抜総選挙で1位を獲った時から、いつ卒業してもおかしくはないなとは感じていた。

「総選挙で1位を獲りたい」「階段の一番上に登りたい」って、昔から珠理奈は言っていたし、それがみごと叶ったわけだしね。長年、珠理奈を応援していたからこそ、ある程度覚悟はできていた。1位の速報を見た瞬間は、涙が出るくらいうれしかったのを覚えてるよ。

「SKE48でできることは全てやり切った」

 珠理奈は、きっと、そんな風に思えたんじゃないかな。

何年も前から「次は珠理奈が1位を獲るはずだ」って周囲からずっと言われ続けていたし、それでもなかなか獲ることができなくて…。誰にも言えないプレッシャーと戦っていて、ほんとうに大変だったと思う。

 ボクが珠理奈の存在を意識し出したのは、AKB48の「大声ダイヤモンド」っていうシングルから。珠理奈は、この曲で、シングル選抜メンバー選出最年少記録を更新した。

 当時、珠理奈は11歳で、あっちゃん(前田敦子)とともにセンターを務めた。すごいよね。スーパー小学生だって思った。

 でも、当時、珠理奈の活躍をあまりよく思わないファンの人も少なからずいた。ずっとAKB48のファンだった人からしてみれば、突然SKE48ってグループができたこと自体、面白くないって思う人もけっこう多かったんだよね。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい