ついに「晴海フラッグ」購入者が補償を要求 全てが裏目に出た“東京五輪”マンション

2021/02/01 11:32

 1月30日、東京五輪の選手村として使った後に分譲される東京・晴海のマンション群「晴海フラッグ」で、購入者が売り主に補償を求める調停を起こすと報じられた。東京五輪の開催延期に伴い、物件の引き渡しも1年ほど遅れる予定だった。しかし、それによって増える家賃分の補償などについて、売り主側が説明と補償を拒んでいるため、購入者約20人が東京地裁に賠償を求めて民事調停を申し立てるという。なぜここまで“いわくつき”のマンションになってしまったのか。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が寄稿した。

あわせて読みたい

  • 中古マンション「築20年以上」が実はお得なわけ

    中古マンション「築20年以上」が実はお得なわけ

    AERA

    5/27

    タワマン嫌いの住宅ジャーナリストが認める「ヴィンテージタワーマンション」5選【新宿、池袋、湾岸エリア】

    タワマン嫌いの住宅ジャーナリストが認める「ヴィンテージタワーマンション」5選【新宿、池袋、湾岸エリア】

    dot.

    10/3

  • 妻の給与明細みてワナワナ震え、嘔吐… 夫のアイデンティティー崩壊の瞬間

    妻の給与明細みてワナワナ震え、嘔吐… 夫のアイデンティティー崩壊の瞬間

    AERA

    11/30

    マンション「新築は買ってはいけない」専門家が断言する理由

    マンション「新築は買ってはいけない」専門家が断言する理由

    週刊朝日

    2/13

  • 「治安」から見た「住みたい街」ランキング! リスクが高いのは?#コロナとどう暮らす

    「治安」から見た「住みたい街」ランキング! リスクが高いのは?#コロナとどう暮らす

    週刊朝日

    8/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す