巨人「ポスト原」は誰になるのか? “既定路線”の阿部慎之助でなければ… (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人「ポスト原」は誰になるのか? “既定路線”の阿部慎之助でなければ…

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
巨人・原辰徳監督 (c)朝日新聞社

巨人・原辰徳監督 (c)朝日新聞社

 巨人の次期監督は誰が務めるのか……。

 昨シーズン3度目の就任となった原辰徳監督はリーグ連覇を成し遂げ、チームの再建は順調にも見えるが、日本シリーズではソフトバンク相手に2年連続で1勝もできずに惨敗。日本一奪還に向け「このままでいいのか?」という声もあり、『ポスト原』の問題も浮上している。

【写真】もっと評価されるべき! 確かな手腕持つ「隠れた名将」はコチラ

 本命視される阿部慎之助2軍監督とともに、あの男の名前も再浮上し始めた。

「当然そういったチャンスが来ればまた頑張りたいなと思っています。正直それだけがすべてと思っていないし、監督をやりたいがために今から頑張るっていう人生じゃないのかなとは思ってますよね。ただ、またそういうオファーが来るような生き方をしなくちゃいけない」(高橋由伸/11月20日放送・日本テレビ系列『アナザースカイII』)

 巨人前監督・高橋の姿を頻繁に見かけるようになった。上記番組では、巨人キャンプ地・宮崎県を訪れた。

「期待に応えられなかったのは悔しさが当然残る」と監督生活を振り返るとともに、今後にも含みを持たせた。

 また日本シリーズ第1戦では地上波中継の解説を務めた。

「『巨人の顔』として人気、知名度は抜群。日本シリーズ直前の番組宣伝もあったが、プロ野球選手がこの手の番組に抜擢されるのは異例。高橋は元来、こういった類の企画には乗り気ではない。コロナ禍で野球界のために一肌脱いだのだろうが、本人の気持ちにも変化があるのではないか。監督でなくとも、コーチも含め現場に戻る気持ちが出て来たのではと感じる」(大手広告代理店関係者)

 現役引退直後の16年から監督に就任したが、3年連続で優勝を逃し退任となった。しかし監督として準備不足があったのは明白だった。現役最終年となった15年は代打で打率.395という脅威の成績を残していた。本人は現役続行の意向を示していたが、球団の一大事ということで監督就任を受諾した経緯があったのだ。

「当時はチームが過渡期だった。監督2年目の17年には球団ワースト13連敗を喫するなど屈辱的な時期だったが、ファンも含め高橋批判の声はそこまで出なかった。若手育成が必要な時期も重なっており、岡本和真を抜擢して現在の礎を築き上げた。監督としての評価はそこまで低くなく、再登板もあると考えられている」(巨人担当記者)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい