口内細菌が肺に垂れ流し 気づかぬまま進行する誤嚥性肺炎

ヘルス

2020/09/04 17:00

 日本人の死因の上位を占める肺炎。なかでも誤嚥性肺炎は、のみ込む力が低下する高齢者に多く発症し、治療後も繰り返す。高熱などの典型的な症状が表れにくく、気づいたときには病状が進行していることが少なくない。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、誤嚥性肺炎の原因や治療、リハビリについて、専門医に取材した。

あわせて読みたい

  • 誤嚥性肺炎を防ぐ 食事中の注意点とは?

    誤嚥性肺炎を防ぐ 食事中の注意点とは?

    dot.

    9/5

    高齢者に限らない「誤嚥性肺炎」の恐怖! 医師が語る注意点

    高齢者に限らない「誤嚥性肺炎」の恐怖! 医師が語る注意点

    週刊朝日

    11/28

  • モンキー・パンチさんの命を奪った急増する「誤嚥性肺炎」の恐怖 医師が指摘する“危ない習慣”

    モンキー・パンチさんの命を奪った急増する「誤嚥性肺炎」の恐怖 医師が指摘する“危ない習慣”

    週刊朝日

    4/17

    歯磨きだけでは不十分! 誤嚥性肺炎防ぐ口腔ケアとは

    歯磨きだけでは不十分! 誤嚥性肺炎防ぐ口腔ケアとは

    dot.

    9/6

  • 誤飲を招く「嚥下障害」 85%が食べられる可能性ありのデータも

    誤飲を招く「嚥下障害」 85%が食べられる可能性ありのデータも

    週刊朝日

    4/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す