第二の新垣結衣の次は第二の吉岡里帆 「第二の〇〇」女優続々登場の理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第二の新垣結衣の次は第二の吉岡里帆 「第二の〇〇」女優続々登場の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
今市新之助dot.
吉岡里帆(C)朝日新聞社

吉岡里帆(C)朝日新聞社

第二の吉岡里帆こと橘ひと美のどんぎつね(橘ひと美公式インスタグラムより)

第二の吉岡里帆こと橘ひと美のどんぎつね(橘ひと美公式インスタグラムより)

 近年、芸能ニュースなどでたびたび話題になっていたジャンルに「第二の新垣結衣」というものがある。過去には中国出身のモデル、ロン・モンロウや2019年に東京海上日動あんしん生命のCMに出演した、女優で映画監督でもある小川紗良がそう呼ばれていた。もちろん、本人たちは“二番煎じ”と自認しているわけではないが、こうしたキャッチフレーズが芸能メディアで使われることは稀ではない。一体、どういうことなのか。

【写真】激似!第二の吉岡里帆の「どんぎつね」はこちら

「以前からこうした常套句は世界中で言われてきたことですが、昨今ではSNSなどで一般人が『〇〇ちゃんに似ている』といった投稿を気軽にするようになり、それを拾い上げてニュースにするという流れがネットメディアでは主流です。新垣結衣さんは、名前を出しただけでPVが取れるので、使われやすいのです。実際、有名女優のそっくりさんネタは爆発的に読まれるので、ウェブライターは格好のネタとして探し続けています」(芸能ウェブメディアの編集者)

 要は“第二の~”というフォロワーの出現は本人の人気のバロメーターのひとつになっているわけだ。こうしたなか、今度は吉岡里帆にそっくりさんが現れた。

「今年5月、タレントとして本格的に活動を始めた橘ひと美さんが、吉岡さんに”激似美女”と話題になりました。もともと『uijin』というアイドルグループで活動をしていたのです解散となり、事務所を移して再始動した矢先のことだったので、注目が集まってラッキーでしたね。アイドル時代から、ファンの間では似ていると話題になっていたそうです。5月に放送されたバラエティ番組『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)の1コーナーにも吉岡里帆のそっくりさんとして、吉岡さんの出演するどん兵衛のCMで演じている『どんぎつね』の格好で出演し、一気に認知度が上がりました。吉岡さんのほうも彼女の存在を認めているようで、直接の共演はないものの、本人公認のお墨付きがあるそうです」(放送作家)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい