最も偉業に近づいたのは? 「夢の4割」に挑んだ一流打者たち (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

最も偉業に近づいたのは? 「夢の4割」に挑んだ一流打者たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保田龍雄dot.
最も長期にわたって4割をキープした巨人のクロマティ (c)朝日新聞社

最も長期にわたって4割をキープした巨人のクロマティ (c)朝日新聞社

 今年で85年目を迎えるNPBだが、“夢の4割打者”は、戦前や1リーグ時代も含めて一人も誕生していない。メジャーでも1941年のテッド・ウィリアムズを最後に80年近く出ていない。時代の進歩で、各打者の能力が向上した結果、傑出した好打者の打率と平均打率との差が小さくなったことが、原因ではないかともいわれている。

 ちなみに、NPBでこれまで最も4割に近かったシーズン最高打率は、86年のランディ・バース(阪神)の3割8分9厘だ。

 この年のバースは、6月28日のヤクルト戦からの3試合で14打数10安打と固め打ちし、4割2厘と一気に大台到達。その後も7月8日の4割7厘をピークに、オールスター直前まで4割台をキープした。

 だが、オールスター明け後の7月29日に3割7分6厘まで下降。8月12日に3割9分9厘まで戻したものの、再び4割に届くことはなかった。

 実はバース自身、4割へのこだわりはあまりなかったようだ。前年、王貞治(巨人)のシーズン55本塁打の日本記録(当時)まであと1本に迫りながら、敬遠攻めに泣いたバースは、そのリベンジを期して、4割よりも、東映時代の張本勲のシーズン最高打率3割8分3厘(70年)を抜くことを目標にしていた。

 シーズン終盤に3割9分台を切ったときは、「もし3割8分4厘まで落ちたら、ラインアップから外してもらおう」と悩みに悩んだ。張本の記録を下回った途端、前年同様、敬遠攻めに遭うことを恐れたのだ。

 だが、残り3試合となった10月9日の広島戦で47号ソロを含む4打数2安打を記録し、3割9分まで上げた時点で、史上最高打率は不動のものとなった。残り2試合も出場したバースは、7打数2安打で打率を1厘下げたものの、3割8分9厘でシーズンを終えた。

 バースに迫る歴代2位は、オリックス時代のイチローがNPB最終年の00年にマークした3割8分7厘だ。

 シーズン開幕から79試合目、7月30日のダイエー戦まで4割台をマーク。8月上旬にも3度にわたって3割9分9厘を記録したが、お盆過ぎ以降、ジリジリと打率を下げ、同27日のロッテ戦で右脇腹を痛めて途中交代したのを最後に、2度と打席に立つことなく、日本でのラストシーズンを終えた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい