コロナ禍が生んだ、イスラエルとパレスチナのコラボ

連載「金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”」

金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”

2020/05/31 17:00

 感染性の病気は、自然界の鳥や昆虫と同様、国境も民族の壁も区別しません。コロナウイルスの蔓延は、まさにイスラエルとパレスチナ間においてその事例となりました。

あわせて読みたい

  • 「あまりにも理不尽でひどい」記者が見たエルサレム「首都宣言」の代償 

    「あまりにも理不尽でひどい」記者が見たエルサレム「首都宣言」の代償 

    AERA

    12/19

    アメリカ大使館エルサレム移転で遠のく中東和平 そもそも何が問題なの?

    アメリカ大使館エルサレム移転で遠のく中東和平 そもそも何が問題なの?

    AERA

    8/9

  • 日本人にはわかりづらいイスラエル紛争 現地教授が読み解くユダヤ人とアラブ人「共存」の道
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    日本人にはわかりづらいイスラエル紛争 現地教授が読み解くユダヤ人とアラブ人「共存」の道

    dot.

    5/29

    「投石しても逮捕されるだけ」混迷極まるパレスチナの子どもたちの今

    「投石しても逮捕されるだけ」混迷極まるパレスチナの子どもたちの今

    AERA

    1/25

  • 抗議デモで58人死亡、うち子ども6人以上、トランプ政権の愚策で中東緊迫

    抗議デモで58人死亡、うち子ども6人以上、トランプ政権の愚策で中東緊迫

    AERA

    5/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す