長年の親友がネットに自分の悪口を書いていた… 『アホと戦うな』著者が50代女性に「それでも優しく接しなさい」と語る深い理由<アホから解放される相談室> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

長年の親友がネットに自分の悪口を書いていた… 『アホと戦うな』著者が50代女性に「それでも優しく接しなさい」と語る深い理由<アホから解放される相談室>

連載「アホから解放される相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田村耕太郎さん

田村耕太郎さん

あれ、これって私の悪口?(※写真はイメージです buritora / PIXTA(ピクスタ))

あれ、これって私の悪口?(※写真はイメージです buritora / PIXTA(ピクスタ))

「アホとは戦うな。時間の無駄である」と提唱する、元政治家であり、現在はシンガポール・リークアンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎さん。しかし、シリーズ75万部を突破した著書『頭に来てもアホとは戦うな!』の読者からは、「それでも戦ってしまう……」と多くの悩みの声が寄せられているという。

 日々の仕事・暮らしの中で「アホ」に悩んでいるあなたに、ちょっとでも気持ちが楽になるヒントを田村さんが提案する連載「アホから解放される相談室」。今回は「ネットに悪口を書いた親友」について。

*  *  *
【相談】
 田村さん、こんにちは。私は50代の女性です。

 20代のころから付き合いのある友人のことで相談をさせてください。

 彼女は今、重い病気にかかっており、あと何年生きられるかわからない状態です。寝たきりの状態で、私も折に触れて彼女のお見舞いに行ったり、ご家族のお手伝いをしたり、精いっぱいのことをしてきました。

 そんななか、彼女の病気についてネットで調べていたときのこと、彼女の闘病ブログを見つけました。

 病気と闘っていること、日々の喜び、たくさんのことがつづられていたのですが、そんななか、私に対する愚痴のようなものを彼女が書いていたのを見つけてしまったのです。

「M子(私のこと)が来ると疲れる」といったことから、「M子の話に付き合うのはつらい」といったようなことです。

 まさか彼女がそんなことを思っていて、しかも不特定多数の人が目に触れるようなところに書いていたことに、強いショックを受けました。

 それを見てから、「彼女にとって、私は親友でもなんでもなかったのだ」と涙が止まらなくなり情緒不安定の状態が続いています。

 病気になる前の彼女はこんなことはありませんでした。なぜこんなことを書き込んだのでしょうか。

 彼女に、このブログを見てしまったこと、そしてとてもつらい思いをしていることを伝えるべきでしょうか。ただ重い病気の彼女に、こうしたことを伝えることは、自分がスッキリしたいだけのエゴのような気もします。

 彼女にはこれ以上余計なストレスを与えたくはありません。

 でも言わないでいると、私がストレスでどうにかなってしまいそうです。彼女を嫌いになってしまいそうです。

 どうしたら、彼女を許し、わだかまりなく過ごすことができるでしょうか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい