「左足に変な模様ができました」と受診した患者 皮膚科医の迷推理は?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

病気

2020/02/14 07:00

 テレビの医療ドラマでは、主人公の医師が患者の病気を突き止めていくシーンがよく描かれます。原因となる病気を的中させて治療がうまくいく……という流れが多いようですが、実際の診療はどうなのでしょうか? 『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が、自身の経験をもとに語ります。

あわせて読みたい

  • 足の指先に赤いブツブツが出る「コロナのつま先」とは? 最新論文が示すコロナ皮膚症状と脱毛症
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    足の指先に赤いブツブツが出る「コロナのつま先」とは? 最新論文が示すコロナ皮膚症状と脱毛症

    dot.

    12/11

    クリスマスツリーのように見える皮膚の病気の名前が難しい 皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    クリスマスツリーのように見える皮膚の病気の名前が難しい 皮膚科医が解説

    dot.

    12/25

  • オンライン診療恒久化へ 医師は画面だけでどこまで診断できる?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    オンライン診療恒久化へ 医師は画面だけでどこまで診断できる?

    dot.

    10/30

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?

    dot.

    11/8

  • ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも

    dot.

    10/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す