過去に一度だけあった「憲法改正」めぐる国民的論議 前東京五輪の年に棚上げされた理由とは?

朝日新聞出版の本

2020/02/11 08:00

 かつて一度だけ、憲法改正をめぐる国民的議論が交わされた時代があった――。

あわせて読みたい

  • 日本国憲法・3年以内の改憲は「困難」(1)~気鋭の憲法学者8人に聞く

    日本国憲法・3年以内の改憲は「困難」(1)~気鋭の憲法学者8人に聞く

    AERA

    5/3

    立憲民主の「心変わり」で急展開した国民投票法改正案 「国体マター」の修正案を与党側が丸のみ

    立憲民主の「心変わり」で急展開した国民投票法改正案 「国体マター」の修正案を与党側が丸のみ

    AERA

    6/9

  • 公明・遠山議員が改憲案を自民と調整しない理由を独白「国民投票否決は政治的な影響が出る」

    公明・遠山議員が改憲案を自民と調整しない理由を独白「国民投票否決は政治的な影響が出る」

    dot.

    9/30

    山尾志桜里「安倍首相は不誠実。石破氏の方が議論できる」自民改憲案に反発

    山尾志桜里「安倍首相は不誠実。石破氏の方が議論できる」自民改憲案に反発

    dot.

    9/21

  • 安倍首相の改憲発言連発に与党内から苦言「自重された方がいい」 船田元・改憲本部長代行

    安倍首相の改憲発言連発に与党内から苦言「自重された方がいい」 船田元・改憲本部長代行

    dot.

    9/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す