台風でJR、私鉄が運休の中、なぜ地下鉄は深夜まで動いていたのか?

鉄道

2019/10/24 11:30

 東京圏を直撃した台風19号に対し、地上を走るJRをはじめ私鉄各社は10月12日昼過ぎから順次、列車の運転を休止した。計画運休は列車の運転を強行し強風にあおられる、あるいは豪雨による土砂崩れで脱線するなどの事故を未然に防ぐための施策である。台風19号が上陸しそうだと判明してから計画運休の実施についてはテレビや新聞報道だけでなく、鉄道事業者のホームページや利用者向けのスマートフォンアプリで一斉に告知されたことは記憶に新しい。厳戒態勢の中、鉄道各社がさまざまな対応に追われた計画運休。今回は、東京都心を縦断する地下鉄の対策を振り返る。

あわせて読みたい

  • ラッシュ時は1時間に41本が運行 民鉄の雄・東武鉄道伊勢崎線120年の歴史

    ラッシュ時は1時間に41本が運行 民鉄の雄・東武鉄道伊勢崎線120年の歴史

    dot.

    8/27

    地下鉄じゃなくても危ない! “水没する駅”に北千住、北赤羽…二子玉川も

    地下鉄じゃなくても危ない! “水没する駅”に北千住、北赤羽…二子玉川も

    週刊朝日

    9/12

  • 関西発から全国へ! 関西から始まった鉄道の設備やルールはこんなにあった

    関西発から全国へ! 関西から始まった鉄道の設備やルールはこんなにあった

    dot.

    10/6

    交通大混乱に街路樹倒壊  やはり首都圏は台風に弱かった

    交通大混乱に街路樹倒壊 やはり首都圏は台風に弱かった

    週刊朝日

    9/9

  • JR西日本の「計画運休」に称賛の声、台風21号から乗客守る

    JR西日本の「計画運休」に称賛の声、台風21号から乗客守る

    ダイヤモンド・オンライン

    10/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す