経産担当官僚が汚染水問題の議論を「ピーチクパーチク」と表現 フェイスブック投稿後に削除

2019/09/30 10:40


 経済産業省外局の資源エネルギー庁で、東京電力福島第1原子力発電所の廃炉や汚染水の処理を担当する職員が、放射性物質トリチウム(三重水素)などを含む水の扱いに関する議論について、自身のフェイスブックに「廃炉に責任を負ってない人はピーチクパーチク言えるけどねえ、笑」と投稿していたことがわかった。

あわせて読みたい

  • 北海道地震で泊原発トラブル、福島原発の汚染水を解決できない経産省の愚

    北海道地震で泊原発トラブル、福島原発の汚染水を解決できない経産省の愚

    dot.

    9/9

    福島第一原発“処理水”海洋放出 地元が猛反発しても国は放出ありき

    福島第一原発“処理水”海洋放出 地元が猛反発しても国は放出ありき

    週刊朝日

    6/26

  • 古賀茂明「『放射性物質を海に流す』安倍政権の方針は7年前から決まっていた」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「『放射性物質を海に流す』安倍政権の方針は7年前から決まっていた」

    dot.

    9/3

    「最悪のタイミング」 原発処理水放出決定に「福島を支える知恵もっと絞るべき」と批判集中

    「最悪のタイミング」 原発処理水放出決定に「福島を支える知恵もっと絞るべき」と批判集中

    AERA

    4/23

  • 廃炉のタブーが現実味 福島第一原発事故から6年、原発ルポ

    廃炉のタブーが現実味 福島第一原発事故から6年、原発ルポ

    AERA

    3/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す