吉本興業・岡本社長会見【全文(8)】無責任発言「みんなに後で聞いておきます」 (6/11) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉本興業・岡本社長会見【全文(8)】無責任発言「みんなに後で聞いておきます」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
吉本・岡本社長の会見は5時間半におよんだ(撮影/写真部・松永卓也)

吉本・岡本社長の会見は5時間半におよんだ(撮影/写真部・松永卓也)

最後は報道陣もぐったり(撮影/西岡千史)

最後は報道陣もぐったり(撮影/西岡千史)

──信頼を取り戻すことができるか?

岡本:それをやらなければならないし、やり切るということです。

──吉本興業を辞めたいというタレントはいるのか。

岡本:現時点では、そういったことを聞いていません。

──加藤浩次さんの「(吉本興業を)辞める」という発言については、どう思うか。

岡本:僕らとしては、今の時点で何がどう、誰がどうということではありませんので、まずは話をしていかないといけないと思います。まずは本人と話してということだと思います。

──大崎会長は朝日新聞のインタビューでは会見するつもりはないとのことでしたが。

笠井広報担当:当初、該当する芸人たちがお詫びをしたいという気持ちはありあました。ただ、被害者がいるなか、そうした準備ができていなかったなかで、御社の取材がありました。

──取材の時には出版社が反社会的勢力とつながっている可能性も指摘していましたが?

笠井広報担当:そういった可能性があります。警察当局含め、接触があるのではないかということはあります。それだけではなく、該当芸人が(金銭授受の)事実を否定していることが、記事に載っているということは名誉毀損にあたると思います。

──宮迫さんとはどういう話をするのか?

岡本:彼らが「わかりました」ということがあってはじめてテーブルにつける話ですので。(処分を)撤回して、まずテーブルにつける環境を彼らが「わかった」と言ってもらえるのであれば、準備をするということです。

──体制を一新しない理由は? 岡本さんが社長を続けなければならない理由は?

岡本:今一度寄り添って全力で頑張る。一番頑張らなければならないので、今の状況を変えるために(社長を)やるということです。

──岡本社長にしかできないこととは?

岡本:みんなに後で聞いておきます。

──共同確認書の中身は。法的拘束力があるのか。反社を退けることができるのか?

小林:共同確認書の中身は、コンプライアンスの一環で反社会的勢力の一切の排除についてです。直営業については、今後は会社に報告するということも入れています。タレント、社員の共同宣言ということでもあります。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい