豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

2019/07/03 19:00

 7月に入り、九州南部を中心大規模災害を引き起こすような大雨が断続的に降る恐れが高まっている。まだ記憶に新しいのが、昨年7月6日に発生した西日本豪雨。そこで行政主導では全国初と言われるペット同伴避難所が開設されたことを知っているだろうか。避難所はどのように運営されていたのか、トラブルは起きなかったのか。2019年5月、現地である岡山県を訪ね、避難所の担当者に当時の状況を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    dot.

    7/12

     大地震時にペットを守るため、飼い主が絶対に行うべき「7つの備え」とは

    大地震時にペットを守るため、飼い主が絶対に行うべき「7つの備え」とは

    ダイヤモンド・オンライン

    3/11

  • 被災地ルポ 真備町で避難者参加の「班長会議」はなぜ成功したのか

    被災地ルポ 真備町で避難者参加の「班長会議」はなぜ成功したのか

    AERA

    8/22

    【ペットの防災】避難所に入れなくてもあきらめない 同行避難と命を守る仕組みづくり

    【ペットの防災】避難所に入れなくてもあきらめない 同行避難と命を守る仕組みづくり

    AERA

    3/16

  • 【ペットの防災】災害時、究極の「飼い主力」が愛犬・愛猫の命を守る

    【ペットの防災】災害時、究極の「飼い主力」が愛犬・愛猫の命を守る

    AERA

    3/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す