パリ人肉事件・佐川一政を介護する弟が実名告白「バカな奴だけど、絶縁できなかった」

2019/05/23 12:00

「私としては『いい加減にしろ』という気持ちでした。被害者に申し訳ないですから。何度も執筆や講演活動をやめるように言ったことがあります。父親は、書店に行って並んでいる本の帯を、片っ端からはがしてきたこともあった。それでも、兄はやめようとしませんでした」

 佐川氏を好奇の目でみるのではなく、出版物などを通じて精神的な影響を受けた人もいる。神戸連続児童殺傷事件(1997年)の加害者である「少年A」だ。少年Aは2015年、事件の経緯を含んだ自らの手記『絶歌』(太田出版)を発表。本の中で、「殺人作家」として活動する佐川氏に、嫉妬や羨望を抱いていたことを告白している。

 ただ、「佐川一政ブーム」は長くは続かなかった。2000年代に入ってからは仕事がほとんど途絶え、一時は生活保護で暮らしていたという。佐川氏と口論しながらも暮らしを支えていた父と母は、2005年に相次いでこの世を去った。なお、インターネットでは、父の死の直後に母が自殺したことになっているが、「そのような事実はない」と純さんは証言している。

 両親が死去したことで、遺産となった実家を売却し、佐川氏の暮らしは改善した。兄弟で細々と年金生活を続けていたところ、2013年に佐川氏が脳梗塞で倒れた。からだが不自由になった佐川氏を、純さんが介護することになる。

「兄の住むアパートに私が通い、面倒をみていました。それが昨年6月、弁当をのどに詰まらせてしまったんです。誤嚥(ごえん)性肺炎になって、自分で食べ物が食べられなってしまって、胃ろうにせざるをえなくなりました」(純さん)

 胃ろうは、おなかに小さな穴を開け、チューブで胃に直接栄養を送り込む方法だ。それまでは歩くこともできたが、現在は神奈川県内の病院で寝たきりの生活が続いている。

 それでも純さんは、今でも2日に1回は佐川氏に会うため病院に通っている。

「今は会話も難しくなっていますが、病室に行くと私の手をずっと握ってくるんですよ」

NEXT

寝たきりになった兄について思うこと

1 2 3 4 5

あわせて読みたい

  • 元参議院議員・平野貞夫氏が激白 細川元首相「佐川問題」の真実

    元参議院議員・平野貞夫氏が激白 細川元首相「佐川問題」の真実

    週刊朝日

    1/23

    田原総一朗「森友疑惑での遺書公開。佐川氏の忖度こそ再調査すべき」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「森友疑惑での遺書公開。佐川氏の忖度こそ再調査すべき」

    週刊朝日

    3/25

  • 財務省「パワハラ上司ランキング」で同期最速の幕内入り、佐川前理財局長は「不運な男」?

    財務省「パワハラ上司ランキング」で同期最速の幕内入り、佐川前理財局長は「不運な男」?

    AERA

    3/22

    森友事件で公文書改ざん、自殺した近財職員の妻が提訴 <パワハラで有名な佐川局長に誰も背けない>

    森友事件で公文書改ざん、自殺した近財職員の妻が提訴 <パワハラで有名な佐川局長に誰も背けない>

    週刊朝日

    3/18

  • 佐川・前理財局長が証人喚問で明かさなかった今井首相秘書官の秘密

    佐川・前理財局長が証人喚問で明かさなかった今井首相秘書官の秘密

    週刊朝日

    3/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す