お騒がせゆるキャラ「ちぃたん☆」 “フォロワー購入疑惑”を完全否定で復活を宣言! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お騒がせゆるキャラ「ちぃたん☆」 “フォロワー購入疑惑”を完全否定で復活を宣言!

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上啓太dot.#ゆるキャラ
(撮影/岡田晃奈)

(撮影/岡田晃奈)

 5月14日ごろ、有名人を含むツイッターの人気アカウントが突如次々に凍結された。閲覧できなくなったのは、人気ゆるキャラの「ちぃたん☆(以下、ちぃたん)」やアイドルグループ「仮面女子」の一部メンバーなどで、ネット上では「ちぃたん凍結ってまじか」「寂しすぎる」などとファンの悲鳴が殺到した。

 ちぃたんは高知県須崎市の観光大使を「自称」する市非公認のゆるキャラだ。2017年12月ごろから活動を始め、YouTubeやツイッターなどで草刈り機を振り回したり、高速のランニングマシンの上で走って転ぶ動画などを投稿して10~20代を中心に人気を集めていた。同市は当初、活動を黙認していたが、視聴者らから「危ない」などの批判が殺到。19年2月、ちぃたんをプロデュースする「クリーブラッツ」(東京都・港区)に対し、着ぐるみの使用停止などを求める仮処分を東京地裁に申し立てていた。

 そうした経緯から、ネット上には、今回の「凍結騒動」の原因を「須崎市からの圧力では?」と疑う声もあがった。

 16日、同市元気創造課の守時健さんはツイッターで、「我々とは関係ありません。(中略)フォロワー購入とかアカウント購入とか あと同じ会社のちぃたんと仮面女子さんがTwitterの規約で禁止されてるツール(自動いいね)使ったとかかなと思います。あくまで推測ですが」と同市の関与を否定した。

 守時さんがいう、「フォロワー購入」とは、アカウントの社会的な知名度を実際よりも大きく装うため、業者からフォロワーを購入することだ。

 ツイッター社もこうした行為を問題視しており、18年7月に作ったまま使われていない「偽アカウント」の大量削除に踏み切った。

その結果、日本では仮面女子の神谷えりなのフォロワーが約40万人減少。海外では歌手のジャスティン・ビーバーやレディ・ガガ、バラク・オバマ元米国大統領らのフォロワーが200万人以上減少した。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい