「ママ、お仕事辞めて」働く母のジレンマ解消までは遠い?「平成は過渡期」との声も

仕事

2019/04/29 08:00

 平成がもうすぐ終わる。朝日新聞取材班が出版した『平成家族 理想と現実の狭間で揺れる人たち』(朝日新聞出版)には、昭和の慣習・制度と新たな価値観の狭間でもがく家族の姿が描かれている。平成になり、共働きが当たり前となるなかで、仕事と育児の両立に悩む女性たちは依然多い。「女性活躍」が叫ばれる一方、労働時間を重視する昭和時代の考えは根強く残る。その一端を本書から紹介する。

あわせて読みたい

  • 2035年正社員が消える…20年後の「働き方大革命」報告書

    2035年正社員が消える…20年後の「働き方大革命」報告書

    週刊朝日

    9/30

    「マミートラック」でも仕事は辞めない方がいい? その理由は

    「マミートラック」でも仕事は辞めない方がいい? その理由は

    AERA

    9/24

  • 高年収世帯は保活に不利だった…アラフォー出産で待ち構える現実と課題

    高年収世帯は保活に不利だった…アラフォー出産で待ち構える現実と課題

    AERA

    6/23

    人気トップはグーグル 転職は「働き方改革」進める企業に注目

    人気トップはグーグル 転職は「働き方改革」進める企業に注目

    週刊朝日

    4/17

  • 仕事と家庭、「両立」しなきゃダメですか?

    仕事と家庭、「両立」しなきゃダメですか?

    AERA

    9/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す