【独占】バックストリート・ボーイズが語る復活「メンバーの薬物依存や不和を克服」全米アルバムNo.1 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【独占】バックストリート・ボーイズが語る復活「メンバーの薬物依存や不和を克服」全米アルバムNo.1

連載「LOVE YOU LIVE!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
神舘和典dot.

バックストリート・ボーイズ。左から、ブライアン・リトル、A.J.マクリーン、ニック・カーター、ケヴィン・リチャードソン、ハウイー・D

バックストリート・ボーイズ。左から、ブライアン・リトル、A.J.マクリーン、ニック・カーター、ケヴィン・リチャードソン、ハウイー・D

来日したバックストリート・ボーイズ。成田空港ではたくさんのファンが出迎えた

来日したバックストリート・ボーイズ。成田空港ではたくさんのファンが出迎えた

発売中のバックストリート・ボーイズの最新作『DNA』(ソニーミュージック)。全15曲収録(うち3曲は日本限定ボーナストラック)。2月9日付全米週間総合アルバム・チャート<ビルボード200>で18年ぶりの全米1位を獲得。2018年に先行してリリースされたシングル「ドント・ブレイキング・マイ・ハート」はアメリカをはじめ29か国のiTunesを総合したグローバルチャートで1位を獲得。

発売中のバックストリート・ボーイズの最新作『DNA』(ソニーミュージック)。全15曲収録(うち3曲は日本限定ボーナストラック)。2月9日付全米週間総合アルバム・チャート<ビルボード200>で18年ぶりの全米1位を獲得。2018年に先行してリリースされたシングル「ドント・ブレイキング・マイ・ハート」はアメリカをはじめ29か国のiTunesを総合したグローバルチャートで1位を獲得。

 昨年結成25周年を迎えたバックストリート・ボーイズが、華麗なる世界的大復活を遂げている。先月5年ぶりの来日直後の1月25日に世界発売した最新アルバム『DNA』が、2月9日付全米週間総合アルバム・チャート<ビルボード200>で初登場1位を獲得することが確定した。バックストリート・ボーイズが同チャートで1位を獲得するのは、2000年にリリースされた『ブラック&ブルー』で同年12月に2週連続1位を記録して以来18年ぶり。そのバックストリート・ボーイズが1月、5年ぶりに日本の土を踏んだ。

【成田空港に到着したメンバーの集合写真や『DNA』のジャケット写真はこちら】

 その独占インタビューをお届けする。

* * *
「新作『DNA』はキッズから大人まで広い世代が楽しめるアルバムになったよ」

 A.J.マクリーン(以下・AJ)が胸を張る。

 1993年に結成したバックストリート・ボーイズが「ゴーイン・オン」でメジャーデビューしたのは1995年。そして、1999年の『ミレニアム』、2000年の『ブラック&ブルー』と立て続けに全米ナンバーワンヒットアルバムを生んだ。当時はプロデューサー、ディレクター、マネージャーの厳しいコントロールのもと活動するボーイズバンドだった。

「そんな時代を経てようやく、自分たちの意思が強く反映されたアルバムをつくることができた」(ブライアン・リトル/以下・ブライアン)

「今回のアルバムは自分たちが影響を受けてきたさまざまな音楽がまんべんなく反映されている。だから『DNA』というタイトルになったんだ」(ニック・カーター/以下・ニック)

その象徴がアカペラナンバーの『ブリーズ』だという。

「僕たちはヴォーカル・ハーモニー・グループなのに、アカペラのナンバーが少ない。だけど、今回やっとアカペラをレコーディングできた」(AJ)

「ファーストアルバム『バックストリート・ボーイズ』に『クロース・トゥ・ユー』というアカペラはあったけれど、コンピューター打ち込みの演奏で歌っている。でも、今回の『ブリーズ』は純粋なアカペラだよ」(ニック・カーター/以下・ニック)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい