鉄道写真家・櫻井寛が語る世界の「撮り鉄」事情 英国は日本以上に時刻表アプリが充実!?

アサヒカメラ

2019/01/30 11:30

 鉄道写真の楽しみ方には各国で違いがある。決められたルールも撮る側の守るべきマナーも、それぞれである。「アサヒカメラ」2月号では、世界各国の鉄道を撮影してきた櫻井寛さんに英国、スイス、タイの鉄道撮影事情を解説してもらった。ここでは英国での撮影事情を紹介する。

あわせて読みたい

  • こんなにレールのギリギリでバナナを陳列して大丈夫!? タイの「オールフリー」な鉄道事情

    こんなにレールのギリギリでバナナを陳列して大丈夫!? タイの「オールフリー」な鉄道事情

    dot.

    2/1

    「世界一、鉄道写真の撮りやすい国はスイス」 95カ国で撮影した櫻井寛がそう語る理由

    「世界一、鉄道写真の撮りやすい国はスイス」 95カ国で撮影した櫻井寛がそう語る理由

    dot.

    1/31

  • マニアも心待ち! “鉄”の聖地・京都鉄道博物館がオープン!

    マニアも心待ち! “鉄”の聖地・京都鉄道博物館がオープン!

    週刊朝日

    4/19

    57年ぶりにカムバック! 米ユタ州のヘビー級蒸気機関車「ビッグボーイ」

    57年ぶりにカムバック! 米ユタ州のヘビー級蒸気機関車「ビッグボーイ」

    dot.

    11/2

  • 今春、京都に「鉄道の聖地」誕生 スター車両ずらり、心躍る演出も

    今春、京都に「鉄道の聖地」誕生 スター車両ずらり、心躍る演出も

    AERA

    2/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す