メジャー挑戦の菊池雄星、現地メディアは高評価も…ファンは「ケイ・イガワVer.2.0」と懸念 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

メジャー挑戦の菊池雄星、現地メディアは高評価も…ファンは「ケイ・イガワVer.2.0」と懸念

このエントリーをはてなブックマークに追加
石原幸晶dot.
メジャー挑戦を表明している菊池雄星 (c)朝日新聞社

メジャー挑戦を表明している菊池雄星 (c)朝日新聞社

 毎年プロ野球のシーズンがオフになると、メジャーリーグ挑戦を表明する選手が出てくるのは見慣れた光景となった。昨年のオフには“二刀流”の大谷翔平がメジャーへの移籍を表明し話題となったが、今年は大谷の花巻東高校の先輩でもある西武の菊池雄星が、ポスティングシステムを利用してのメジャー球団移籍を目指している。

 6球団による競合で2010年にプロ入りした菊池は、西武入団後は苦しんだものの、ここ数年は圧倒的なパフォーマンスを披露。2017年シーズンには最多勝(16勝)、最優秀防御率(1.97)の二冠を獲得した。今年も14勝を挙げ3年連続の2ケタ勝利をマークするなど、日本を代表する投手の一人となった。年齢も現在27歳と若く、また貴重な左投げということもあって、メジャーの複数球団が獲得に興味を示している。

 今オフのフリーエージェントの市場には、2015年にア・リーグのサイ・ヤング賞に輝いたダラス・カイケル(前アストロズ)などの先発左腕がいるが、どの投手も超大物とは言いにくく、現地メディアも早くから菊池の動向に注目。米スポーツ専門誌『スポーツイラストレイテッド』(電子版)はシーズン終了間もない今月9日に「キクチの何を知るべきか。トップフリーエージェントのキクチを知ろう」とのタイトルで菊池の日本での成績や、特長などを紹介している。

 記事の中では、既に海を渡ったダルビッシュ有(カブス)や、田中将大(ヤンキース)と同じレベルには達していないとしながらも、先発ローテーションの2番手クラスになるポテンシャルがあると評価。ストレートのスピートはコンスタントに90マイル中盤を計測し、カーブ、スライダー、スプリットはメジャーの平均、もしくはわずかながら上回っていると伝えた。また、あるスカウトの評価として「決してタフなほうではなかった」とケガに苦しむことの多かった菊池のキャリアを振り返りつつ、投じる球は“確かなもの”と菊池の能力の高さに好意的な見方を示した。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい