【ドラフト2018】中日、ドラ1で根尾を狙うも…ゲームを支配できる強肩捕手も獲得したい (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト2018】中日、ドラ1で根尾を狙うも…ゲームを支配できる強肩捕手も獲得したい

このエントリーをはてなブックマークに追加
氏原英明dot.

大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

 2018年のプロ野球新人選択会議(ドラフト)は今月25日に開催される。今年は大阪桐蔭の根尾昂や藤原恭大、金足農の吉田輝星といった甲子園をわかせた高校球児に注目が集まっているが、必要な補強ポイントから各球団のドラフト戦略を冷静に探ってみる。今回取り上げるのは今季セ・リーグで5位に終わった中日ドラゴンズだ。

*  *  *

 長くチームを支えた岩瀬仁紀、浅尾拓也、荒木雅博が引退を表明した。世代交代が長く叫ばれているが、少しずつ若手が台頭しつつあり、将来への可能性が見えてきた。

 吉見一起、松坂大輔や山井大介などベテラン勢の奮闘が光った投手陣のなかで、エース・大野雄大の不調が誤算だった。とはいえ、今季6勝の笠原祥太郎や将来のエース候補・小笠原慎之介、鈴木翔太、柳裕也など枚数はいるはずで、今すぐ即戦力投手を獲得しなければいけないという状況ではない。

 むしろ、課題は野手陣にある。落合博満監督政権下で、社会人指名に走りすぎた弊害が出ていて、全体的に年齢層が高い。高橋周平、京田陽太なども頭角を現してきたが、ここは高校生の野手をトップ指名したい。

 指名候補に挙がるのは、地元出身の根尾昂(大阪桐蔭)だ。荒木が引退したいま、運動能力の高さなど似ている部分があり、後継者にふさわしい人材と言えるだろう。広いナゴヤドームで華麗な守備を見せつけてくれるはずだ。練習量の多いことでも有名な中日でも十分やれるだろう。やや左打者偏重の編成になってしまう危惧はあるものの、1位は根尾でいい。

 2番目に推したいのも野手だ。大島洋平、平田良介は安泰の外野手レギュラーだが、ともに30歳を超えている。次なる素材がまだまだ出てきていないことを考えると、若返りが急務だ。候補に挙がるのは立命大の辰己涼介だ。大学ナンバーワン外野手と評価が高く、即レギュラーの期待もかかる。京田らとチームを引っ張る存在になれるだろう。

 3番手の補強ポイントは25歳以下の選手がいない捕手だ。昨年は中村奨成(広島)の指名に走ったものの、抽選で外して大きな魚を逃した。今季は候補選手がそう多くいないものの、年齢の格差を補うために積極的に狙っていきたい。大学生なら強肩強打の太田光(大商大)、高校生なら石橋康太(関東一)、野村大樹(早実)、田宮裕涼(成田)あたりになる。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい