左利きの前田あっちゃんに「ママタレ はやめて、絶対」と言いたい理由 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

左利きの前田あっちゃんに「ママタレ はやめて、絶対」と言いたい理由

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.#矢部万紀子

出産後も注目される前田敦子 (c)朝日新聞社

出産後も注目される前田敦子 (c)朝日新聞社

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

 映画「食べる女」に前田敦子が出るので見にいった。左利きの前田あっちゃんの「食べる」シーンが大好きだからだ。

【写真】もう見られない?AKB48のステージで大島優子とセンター復活を果たした前田敦子

 「小泉今日子、鈴木京香、沢尻エリカ、前田敦子他豪華女優陣」による、ちょっとヒリヒリする大人なファンタジーだった。「女子」ではなく「女」たちが、悩み恋愛しセックスする。彼女たちの中心には、小泉演じる敦子(とんこ)がいる。料理上手な古書店主兼文筆家。エンドロールに入る直前、彼女の声が流れる。

「新しい一歩を踏み出すパワーをくれるのは、おいしいご飯と愛しいセックスだ。おいしい女になって、自分を味わいつくしてみよう。誰のものでもないあなたの人生だから。だから、手抜きをするな、女たちよ」
 全体を貫くテーマ。前向きかつ真っ当。

 そう、これが問題だった。前田が演じたのも、真っ当な女性。制作会社のアシスタントプロデューサーとして忙しく働き、恋人もいる。でももっと「本気の恋」がしたいと悩む。

 うーん。萌えない。

 前向きでない役のあっちゃんが好きなのだ。後ろ向きなあっちゃんが食べるシーンって、サイコー。

 その前に、昨今の話題を。「食べる女」には、勝地涼が出演している。前田と仲良しのゲイの小学校の先生役。事前情報なしで行ったので、個人的にはサプライズ。

 あっちゃん、おめでとー。勝地さんは朝ドラ「あまちゃん」で有名になったけど、私はその前から、蜷川幸雄とか劇団☆新感線とかの舞台で見てましたよー。

 心の中で勝手に祝福しながら、前田&勝地のシーンを鑑賞。

 と、ここからが本題だが、出産後の前田が楽しみかつ心配だ。

 新たな境地でますますよい女優になることを期待しつつ、最新ニュースが引っかかるのだ。「こども写真館スタジオマリオ」の新CMキャラクターに就任、そのイベントが妊娠発表後の初の公の場だったという。小さな子どもを気遣う姿に、「ママタレへの準備万端」という記事もあった。

 えっ、ママタレ?

 それはまずい。ママのイメージ優先になり、「前向きかつ真っ当」な役ばかりになってしまう。それでは、女優前田敦子の魅力が半減だ。大声で、こう叫びたい。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい