北海道地震で泊原発トラブル、福島原発の汚染水を解決できない経産省の愚

2018/09/09 11:30

 北海道胆振地方を震源とする地震から丸3日が経過した。震度7を記録し、広範囲な山崩れが起きて民家が飲み込まれた厚真町吉野地区では、余震が続く8日も10台を超える重機が土砂を掘り返し、安否不明者を捜し続けた。警察の大型ドローンや、航空自衛隊の救助犬も投入した捜索の結果、厚真町7地区では死者31人、心肺停止 2人、安否不明3人となった。

あわせて読みたい

  • 福島第一原発“処理水”海洋放出 地元が猛反発しても国は放出ありき

    福島第一原発“処理水”海洋放出 地元が猛反発しても国は放出ありき

    週刊朝日

    6/26

    カンニング竹山 原発処理水海洋放出は保留 いま話し合わないでどうすんの?
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    カンニング竹山 原発処理水海洋放出は保留 いま話し合わないでどうすんの?

    dot.

    10/28

  • 姜尚中「福島第一原発の汚染水の海洋放出は、四つの論点から再考すべきだ」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「福島第一原発の汚染水の海洋放出は、四つの論点から再考すべきだ」

    AERA

    4/21

    震災10年の福島に迫る汚染水放出で「生きるか死ぬか」と悲鳴 消えない風評被害と闘う地元漁師の苦悩

    震災10年の福島に迫る汚染水放出で「生きるか死ぬか」と悲鳴 消えない風評被害と闘う地元漁師の苦悩

    AERA

    1/7

  • 古賀茂明「『放射性物質を海に流す』安倍政権の方針は7年前から決まっていた」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「『放射性物質を海に流す』安倍政権の方針は7年前から決まっていた」

    dot.

    9/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す