加古川ダム20歳女性遺棄事件 大阪の歓楽街で最後に一緒にいた男とは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

加古川ダム20歳女性遺棄事件 大阪の歓楽街で最後に一緒にいた男とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之dot.
遺体で発見された小西さん

遺体で発見された小西さん

SNSで不安を訴えていた小西さん

SNSで不安を訴えていた小西さん

 兵庫県加古川市の権現ダムで11日、大阪市淀川区の小西優香さん(20)の遺体が見つかった事件。

【SNSで不安を訴えていた小西さん】

 兵庫県警は18日、死体遺棄の容疑で大阪市西区の森翔馬容疑者(20)と大阪市生野区の稲岡和彦容疑者(42)の2人を逮捕した。2人は8月10日から11日朝にかけて、小西さんの遺体を遺棄したとみられる。

「遺体の状況から小西さんは大きな外傷はなく、首を絞められて殺害されたようだ。死亡推定時刻は8月10日午後。遺体は衣装ケースに入れられて重り代わりに土嚢が結び付けられていた」(捜査関係者)

 小西さんは、三重県の出身で、地元の高校を卒業後、大阪の医療系専門学校に通っていたが昨年あたりから、大阪の繁華街にある飲食店に勤務していたという。

「優香は『人生、やっぱりカネ』とか平気で言いちょっと口は悪いところがあるけど、根はやさしくて、ペットが大好きな、どこにでもいる、若い子ですよ。路上で猫を見つけたら『あの猫、ちゃんと寝床があるのかな』と真剣に心配するような子です。実家の三重にも『お母さんに顔見せに帰るわ』と月に数回は、片道2時間以上もかけて戻っていた。こんな事件に巻き込まれて、今も信じられません」と話すのは、小西さんの同僚だ。

 小西さんの姿が最後に目撃されたのは、8月9日早朝。大阪市北区の歓楽街を男性と歩いている姿が、防犯カメラに映っていた。

 また、加古川市の現場近くの防犯カメラでも、森容疑者と稲岡容疑者らしき人物がとらえられていた。

「防犯カメラと車の行き来などから、2人が浮上した」(捜査関係者)

 小西さんは、飲食店ではかなりの売れっ子だったという。

 小西さんは、殺害される直前、8月6日のSNSに<それでから後ろぴったり着けられてエスカレーターはさすがに鳥肌やたから駆け下りたし>とストーカー被害のような内容を書き残していた。

「優香は、売れっ子で指名も多かった。客が来ても指名で埋まっていてということもありました。ストーカーにあっているというような話は何度か聞いたことがあったのですが、それがお客様かそれとも別の人か『よくわからない』とこぼして、心配そうにしていた。『夜は一人では歩かないようにしないと』とも言い、用心しているようでした」(前出の同僚)



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい