タイ・13人少年が秘境洞窟に入った本当の動機 現地では自己責任論なし (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

タイ・13人少年が秘境洞窟に入った本当の動機 現地では自己責任論なし

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

2日夜、タイ北部チェンライ郊外の洞窟で無事が確認された少年ら(タイ海軍提供) (c)朝日新聞社

2日夜、タイ北部チェンライ郊外の洞窟で無事が確認された少年ら(タイ海軍提供) (c)朝日新聞社

 タイ・北部、チェンライ郊外のタムルアン洞窟で、大雨によって行方不明になっていた、地元のサッカーチームの少年13人が2日、発見された。

【写真】100円ショップで備える!命を守る20品 

 これから、救出作戦が開始されるが、助け出されるまでに3か月から半年近くがかかるといい、まだ予断を許さない状況だ。

 少年たちが、サッカーの練習後、洞窟に入ったのは6月23日午後。

 だが、雨期の豪雨に見舞われて、洞窟に大量の水が流入。少年たちは、小高い場所に避難を余儀なくされていた。現地で少年たちの親を取材したジャーナリストはこういう。

「洞窟は鍾乳洞になっており、幻想的な光景に海外からやってくるマニアの間では人気スポット。少年たちは、よく肝試しで洞窟の奥まで入っていた。この日は、サッカーチームのメンバーの誕生日ということもあり、中でハッピーバースデーを歌おうと入ったようでした」

 だが、予期せぬ水の流入で戻れなくなりずっと救助を待っていたという。

 世界中から、支援、援助が届く中、捜索が続けられイギリスのダイバーチームが、2日夜に13人を発見した。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい