50年ぶり政経学部からの早稲田大学新総長 医学部創設を目指す「半端ない」構想とは

2018/06/30 07:00

 早稲田大学第17代総長に政治経済学術院の田中愛治教授が選出された。6月28日、同大学では現総長の任期満了(2018年11月4日)に伴う総長選挙が行われ、新総長が決定した。政治経済学術院(政治経済学部)からの総長就任は、第9代(1968~1970年)の時子山常三郎総長以来で、50年ぶりとなる。

あわせて読みたい

  • 「早稲田にはどんな学生にも居場所がある」田中愛治総長が語る多様性と国際化

    「早稲田にはどんな学生にも居場所がある」田中愛治総長が語る多様性と国際化

    AERA

    9/12

    早大医学部構想どうなる? 「世界で輝くための改革」総長らが語る

    早大医学部構想どうなる? 「世界で輝くための改革」総長らが語る

    週刊朝日

    3/21

  • 早稲田総長「今までの入試には限界が…」 入試改革の意図明かす

    早稲田総長「今までの入試には限界が…」 入試改革の意図明かす

    AERA

    1/24

    令和は早慶逆転!? 大学激変の時代、そのワケは?

    令和は早慶逆転!? 大学激変の時代、そのワケは?

    週刊朝日

    10/14

  • 東大総長選で教員から「透明性」に疑義 有力候補者が選考から漏れる

    東大総長選で教員から「透明性」に疑義 有力候補者が選考から漏れる

    AERA

    9/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す