“副業”で年収1億超え! 26歳元ブラック・リーマンに聞いたオススメの副業とは? 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“副業”で年収1億超え! 26歳元ブラック・リーマンに聞いたオススメの副業とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「副業」には不動産投資がオススメだという理由とは?(※イメージ写真)

「副業」には不動産投資がオススメだという理由とは?(※イメージ写真)

小林昌裕(こばやし・まさひろ)/「収入の柱を増やし、人生を選べるようになる」を理念とする副業アカデミーの代表。明治大学リバティアカデミー「金融マネジメント入門」講師。著書に『ふがいない僕が年下の億万長者から教わった 「勇気」と「お金」の法則』などがある

小林昌裕(こばやし・まさひろ)/「収入の柱を増やし、人生を選べるようになる」を理念とする副業アカデミーの代表。明治大学リバティアカデミー「金融マネジメント入門」講師。著書に『ふがいない僕が年下の億万長者から教わった 「勇気」と「お金」の法則』などがある

 大手企業が相次いで副業を解禁し、話題となっている。MMD研究所がビジネスパーソン7724人に行った「ビジネスパーソンの副業に関する実態調査」によると、副業をしているビジネスパーソンは14%に登り、うち約半数は「インターネットを使った副業をしている」と回答。空前の副業ブームはもう目の前とも言えるが、なかなか踏み出せないという人も多いだろう。

【今や“副業”で年収1億超え!という小林さんはこちら】

「これまでサラリーマンとして働いていた人が副業をはじめようと思う時、不安を感じるのは当然のことです。僕も超臆病だったからわかります」

 自身の経験を思い出しながら語ってくれたのは、副業を教える学校「副業アカデミー」の代表で、『ふがいない僕が年下の億万長者から教わった「勇気」と「お金」の法則』の著者でもある小林昌裕さん(36)だ。

 明治大学を卒業後に入った大手企業。人生安泰、勝ち組だと思っていたが「実はいわゆるブラック企業に入社してしまっていたんです。数年は、感覚が麻痺してしまって、親族のお葬式の時にも会社からの電話を取る自分にハッとしました」

 転職して新たな会社に勤めたが、そこでも年収は350万ほど。40代の上司らが「お小遣いは3万円でカツカツだよ」と話しているのを聞いた時「自分が目指す人生、それでいいのだろうか」と不安になったという。

 しかし、そこで辞表を出すことはせず、新たな収入源を求めて選んだのが「副業」だった。いろいろな副業を調べたり、試したりしてようやく決めた不動産投資。当時の自分でも買えるギリギリの区分マンションを購入する際に震える手で契約書に実印を押した日のことは鮮明に覚えているという。

「やったことがないことをやるのは誰でも怖い。しかも、僕はもともと筋金入りの怖がりでした」

 ではなぜ恐れながらも踏み出せたのか。

「収入を給与だけに頼っていては、老後に十分な資金は残せないし、結婚して子どもを持ったとき家族を幸せにできないと思った。子どもの学費、親の介護……どう考えてもお金が足りない。むしろ、将来に対する恐怖心から恐る恐る踏み出した一歩でした」

 現在の年収は1億を超える小林さん。副業アカデミーを設立し、会社員が収入源を増やし、家族を幸せに導くのかを伝えている。サラリーマンだからこそはじめられる副業は?と聞くとこんな答えが。

「ズバリ、不動産投資ですね。きちんと物件について学べば、不動産屋さんからの勧誘に簡単に乗って失敗するリスクはなくなりますし、一昔前と違って金利はあってないようなもの。サラリーマンの信頼はピカイチなので、借りたお金を物件の借主が払ってくれます」

 余剰資金で今後の人生の戦略が立てられるという。

「大切なのは、今までの自分から一歩を踏み出す小さな勇気。その勇気と正しい知識があれば、億万長者になるのは難しい話ではありません。お金は、家族の問題を解決し、夢を叶え、幸せを呼び寄せる魔法の杖。ぜひその杖を多くの人に手に入れて欲しいと思います」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加