江國香織が語った青春時代 中2で書き始めた小説「かっこつけて書いていた」

2018/06/09 07:00

 直木賞作家の江國香織さんは、広尾学園の前身、順心女子学園の卒業生。アエラムック『広尾学園by AERA』で、みずみずしい感性を培ったなつかしい青春時代を振り返ってもらった。

あわせて読みたい

  • 「学校へ行けない理由が自分でもわからない」と苦しむ中2女子に鴻上尚史が説いた“学校へ行くこと”と“勉強すること”の違い
    筆者の顔写真

    鴻上尚史

    「学校へ行けない理由が自分でもわからない」と苦しむ中2女子に鴻上尚史が説いた“学校へ行くこと”と“勉強すること”の違い

    dot.

    5/11

    EXIT兼近大樹「芸人は小説家になるための手段」 それでも芥川賞に興味がない理由

    EXIT兼近大樹「芸人は小説家になるための手段」 それでも芥川賞に興味がない理由

    週刊朝日

    3/12

  • ぽっちゃり子役の「細山くん」が、外資系金融のエリートサラリーマンになっていた!

    ぽっちゃり子役の「細山くん」が、外資系金融のエリートサラリーマンになっていた!

    dot.

    5/30

    生き残りかける中高一貫女子校、共学化で「21世型教育」導入 都内で志願者トップに変貌した学校も

    生き残りかける中高一貫女子校、共学化で「21世型教育」導入 都内で志願者トップに変貌した学校も

    AERA

    7/24

  • 11月号作家 江國 香織 Ekuni Kaori小説を言葉の外にだせるかどうか

    11月号作家 江國 香織 Ekuni Kaori小説を言葉の外にだせるかどうか

    11/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す