「世界の記憶」に登録! 上野三碑と朝鮮通信使が選ばれた理由

ジュニアエラ

2018/02/06 07:00

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は、昨年10月31日、世界の記憶に古代石碑群「上野三碑」と、国内12都府県と韓国にある江戸時代の外交資料「朝鮮通信使に関する記録」を登録すると発表した。第2次世界大戦中に「命のビザ」で数千人のユダヤ人難民を救った外交官・杉原千畝の資料「杉原リスト」は見送られた。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、文教大学生涯学習センター講師・早川明夫さんの解説を紹介しよう。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す