自動運転車元年 世界が懸念する社会に与える影響

朝日新聞出版の本

2018/01/19 16:36

 2018年、年初から世界各国では「自動運転車(AV:オートノマス・ビークル)」に関するディスカッションが猛烈な勢いで進んでいる。例えば、年明け早々の1月第2週にラスベガスで行われた「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」では、雑誌「Forbs」のアラン・オーンスマン記者によれば、参加者の間で一番多く話題に上っていたのは自動運転車であったという。オーンスマン記者は、今回のCESでは次のようなトレンドが見えて来たとして、まさに2018年は自動運転車の実用化元年になるとしている。

あわせて読みたい

  • 自動運転の実現を阻むのは「技術」ではない! 必要な3つの対策とは?

    自動運転の実現を阻むのは「技術」ではない! 必要な3つの対策とは?

    dot.

    8/1

    近づく“自動運転時代”保険に要注意

    近づく“自動運転時代”保険に要注意

    AERA

    3/6

  • 自動運転車の未来は本当にバラ色なのか 11件に上る事故、業界ではタブー

    自動運転車の未来は本当にバラ色なのか 11件に上る事故、業界ではタブー

    週刊朝日

    2/16

    初めての純国産完全自動運転車「マイリー」の実力

    初めての純国産完全自動運転車「マイリー」の実力

    AERA

    1/9

  • 「自動運転」技術で遅れた日本…欧米の“カモ”にされる?

    「自動運転」技術で遅れた日本…欧米の“カモ”にされる?

    週刊朝日

    9/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す